はさみ職人とは?

火造り日本刀

こんにちは

京都はさみ職人です。

前回の炭だらけの写真から、火が入りました。

たしか、火造りって言います。

日本刀が出来るまでの重要な工程のひとつです。

左の方の左手で、空気を送り込んで火の粉が上がっています。

この時、温度は1000℃以上になるそうです。

よーくみると、

日本刀の元になる、鉄が熱せられいて、その棒が見えるのですが、、、

続きは次回で。

さて、

はさみ職人とは、

THE・はさみ職人

こんな人ですが、、

この写真は、

それらしく、こだわり感が出ていますが、

実際は、どちらかというと親しみやすいタイプです。

よく小学生が遊びに来ます。(笑)

秋のはさみ職人

趣味は栗ひろいです。

それも道端の野栗です(笑)

はさみ職人というと、

一言で言っても、いろいろ、、、、です。

はさみ職人をやっておりますと自己紹介すると、

「理容師さん?美容師さん?」と聞かれることもあります。

ハサミと言っても、

植木職人さんが使う両手を使って枝を切る大きなハサミとか、

生花につかう、お上品なハサミとか、、

和裁や洋裁で使うハサミもありますね。

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:01 / ハサミ全般はさみ職人とは? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら