オールシザーカットができる店と焼き入れ前

日本刀とハサミ

こんにちは

京都はさみ職人です。

前回の日本刀のつづきです。

この方は、刀鍛冶の月山先生、、かなりすごい先生です。

この白い棒ですが、これが日本刀の原型です。

白いのは泥を塗っているからです。

このあと、

火の中に入れて焼入れをするのですが、

そのとき泥が厚く塗ってあると熱が通りにくく、

うすいとよく熱せられるという原理を使って

日本刀独特の弓状の弧をつくるそうです。

またこの時、刃紋ができるそうです。

ここからの工程は、通常人に見せるものではないようですが、

日本刀に親しんでもらいたいということともあって、、、写真OKを頂きました。

続きは次回に。

今回は「オールシザーカットができる店」について

もともと、日本の美容業界のカットといえば、レザーカットでした。

昔は、カミソリなどで毛を削いでいました。

それがヴィダル・サスーンさんなどの影響もあって、

日本も欧米並みにハサミでカットするようになりました。

現在は、

ハサミでカットするお店が圧倒的だとは思いますが、

まだ、昔ながらのレザーでカットしているところがありますね。

もし、レザーカットが主流になったら、はさみ職人としては転職しないとダメですね。

そのときは、刀鍛冶になろうかな・・・(笑)

じゃあ。また。


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 09:38 / ハサミ全般オールシザーカットができる店と焼き入れ前 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら