セニングって、どうやって研ぐか?

こんにちは

オオタです。

1

ボジョレーヌーボーって、出来たてのワインですよね。

私の場合、

ちょっとだけ飲んでなくても、ワインの場合頭が痛くなるんですよねぁ。

こってこての日本人ってことなのかなあ・・・?

さ、

て、

今回はセニングについて

たまに

「セニングって、研ぐんですか?」っていう質問があります。

もちろん、切れなくなったら研ぐものです。

研ぐと切れるようになります。

が!

実は、普通のハサミは研げても、セニングを研げないという人がいます。

もちろん、お金をもらって研いでいるひとで、です。

元理容師さんで、お店の経営がうまくいかなくて、研ぎ屋をやっているという方が多いです。

で、

(技術が未熟だけど)なんとなくセニングを研ぐひともいます。

この場合、棒刃だけ研ぎます。

そうすると、少しよく切れる。

ハサミって、2枚の刃で切るので、少しだけよく切れるようになります。

まあ、

こんな背景があるからだと思いますが、

今回のような

・セニングは、どうやって研ぐんですか?とか、

・セニングは、棒刃も櫛刃も研ぐんですか?

・セニングは研いで、よく切れるようになりますか?

という質問が後を絶たないわけです。

で、、

どう研ぐかというと、

棒刃はカットシザーと同じように研ぎます。

櫛刃もカットシザーと同じような感じで、櫛刃のV溝がなくならないように気をつけて研ぎます。

そして、

棒刃と櫛刃を重ねて、ネジで止めて・・・

刃と刃が馴染むように調整して ←これがポイントですね。プロの技ですかね(笑)

出来上がり!です。

 

ということで、

ワインもいいけど、おいしい日本酒はめっちゃ旨いぞ!って話でした(笑)

じゃ。また!


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:38 / ハサミ全般セニングって、どうやって研ぐか? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら