ハサミの勉強13 何インチがいいのか?

架純:卒業だね。

加奈子:あの太陽おいしそうだね。

架純:3年間、ホントありがとうっ。

1

こんにちは

オオタです。

卒業式に行ってきました。

先生がクラスの最後の言葉がかっこ良かった。

「みんなぁ(泣)

先生はクラスでよかった。

サイコーやった。

みんなもそう思うやろ。

(先生、生徒、号泣)

でもな。

新しいスタートが始まるんや。

4月になったら、高校生や。

中学がよかったとか言うんでないで。

高1になったら、高1のそのクラスが一番や!

高2になったら、高2のクラス

高3なら高3のクラス、

そのときを一番にするんや。

だから、中3終わりっ。

解散っ。

(一同号泣)」

さ、

て、

ハサミの話です。

1.カットシザー

ポイント
長いほど、まっすぐ揃えて切れます。
長いほど、多くの毛が切れて、仕事が早いです。
長いほど、毛が滑らない、毛が逃げにくいです。
短いほど、小回りがききます。
短いほど、手と一体化する気がします
短いほど、よく切れます。
短いほど、軽いです。

(目安)
刈り上げ 6.5~7.5インチ
ブラントカット 4.5~5.5インチ
チョップカット 5.5~6インチ
ストロークカット、スライドカット 後述。

刈り上げが5インチで出来ないというわけではありません。
5インチだと一度に切れる毛量が少なく、時間がかかるので、大きいハサミだと便利だよということです。
逆に6インチでブラントカットが出来ないとというとそんなことはありません。
日本にブラントカットを広めたサスーンは小さいハサミを強調してそうですが、大きいハサミでも可能です。ただ、小さいハサミの方が手に馴染んで繊細にカットができますよということです。

ってことで、

いい卒業式だったという話でした。

ちなみに、

この先生、ベテランの女性先生でした。かっこいい!

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 14:30 / ハサミの豆知識,ハサミ選びツアーハサミの勉強13 何インチがいいのか? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら