ハサミ職人って???

こんにちは

京都はさみ職人 オオタトシカズです。

略して、オオタです。

↑↑ 略して??。

そもそも、
略すという言葉の使い方が
違う気がするというツッコミは置いておいてはじめます。

1

「キミの未来は、あの太陽だ!」

さ、

て、

___________________

目次

1.オオタについて。

2.なんで鋏職人になったのか?

___________________

1.オオタについて

改めて自己紹介をさせていただきます。

 

—————

誕生

—————

りんごをたくさん作っている長野県出身の父と

りんごをたくさん作っている青森県出身の母の

ハーフです(^^)

冬場は両方の実家から送られてくるりんごを毎日食べていました。

そう、

僕は、りんご王子として生まれたのです(笑)

 

 

—————

4歳

—————

りんご王子はスクスクと育ち、りんごサラブレット街道まっしぐらです。

妹が生まれました。

生意気な妹と毎日ケンカをしていました。

殴ってしまって、スマン!!

両親は縫製業をしてました。

ミシンを踏んで洋服を作る仕事です。

大きい鋏もつかいますね!

 

—————

5歳

—————

りんご王子に

花粉症発覚!

この頃は花粉症という言葉すらなかった頃でした。

体質改善の注射とかいろいろ試しましたが、、、今も現役バリバリの花粉症王子です(笑)

 

—————

12歳

—————

花粉王子!

スギ花粉が舞う4月、中学入学!

サッカー部に入り、サッカー王子となる!

スーパー厳しい部活で、朝練、夕練、ナイター練習と土日の練習試合と、サッカー漬けになる。

ちなみに京都の千枚漬けはおいしいですよ!

 

—————

15歳

—————

サッカー王子、彼女ができる!

サッカー部のマネージャと付き合う・・・・うふ♥

モテ期到来!

 

—————

23歳

—————

会社員になる。

電子部品の販売をする電子部品王子になる。

夜遅くまで仕事漬けになる。

好きなお茶漬けは、永谷園の鮭茶漬けです (^○^)

 

—————

27歳

—————

電子部品王子、嫁の尻に敷かれるかもしれない予感を感じつつ、結婚に踏みきる。

『結婚は、

鳥かごのようなものだ。

外にいる鳥たちはいたずらに中に入ろうとし、

中の鳥たちはいたずらに外へ出ようともがく。』

byモンティーニ(フランスの偉い人)

の言葉に深さを感じる・・・・・

 

—————

32歳

—————

電子部品王子、

「はさみ職人王に、オレはなる!」という気持ちを心に

はさみ職人になる!

 

—————

X歳

—————

はさみ職人王になる。

 

—————

これが僕のプロフィールになります。

既に気付いた方もいらっしゃると思いますが、

僕は、

元芸人というわけではございません(←意外と言われる)

また、

放送作家でもないです(←これも言われる)

 

 

========================

何ではさみ職人になったのか?

========================

正直に言うと、直感です。

でもね、

それを正直にいうと、

言われた方は、何かはぐらかされたように感じるみたいで、

イメージが悪いんです。

で、

僕なりに

よーーーーーーく考えてみました。

 

————————————–

はさみ職人なった理由①

————————————–

両親は婦人服を作る職人でした。

そんな二人の背中をみて育ったからでしょうか、「職人」に対するあこがれがありました。

ただ、父からは「お前はこの仕事を継ぐな。大学行け!」と言われ続けていました。

大工になって、立派な家を建てたいなあとか、

おいしい料理をつくれる職人になって、みんなを笑顔にしたいなあとか、、

自分が気づかないところで、職人という仕事をしてみたいなあと思っていたんだと思います。

 

————————————–

はさみ職人なった理由②

————————————–

どうせやるなら、一番を目指そう!

30過ぎて、そこから一番になることのできる仕事はなんだろうか?

もし、

美容師さんなら、

独立して、自分の店を持っているような人もいるかもしれない。

一番なんて無理そうです。

そもそも一人前になることができるのか?

大工さんも、、、料理人も同じような感じですね!

「はさみ職人???

そんな仕事があるのか?

知らないなあ。

はさみ職人さんがいたとしても、その人数は大したことないだろうなあ。

もしかしたら、一番になれるかもしれない・・・」

当時の無知な僕にとっては、この程度です(笑)

 

少し長めになってしまいました。

続きは次回にとっておこうと思います。

 

こんなに、無駄なことが入っていて、長い文章を最後まで読んでいただきまして、どうもありがとうございました。

 

次回を楽しみにお待ち下さい。

 

愛と真実をつらぬく、ラブリーチャーミーなオオタでした!

 

 

 

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 11:30 / 京都はさみ職人ハサミ職人って??? はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら