人間国宝、鋏職人

こんにちは

オオタです。

今回だけは、ちょっと重いです。

軽いタッチが好きな方は次回に(^○^)

重くてもいいという方は、菊の写真の下をどうぞ。

1

当たり前ですけど、

僕は日本中の鋏をいろいろと研がさせて頂いてます。

で、

人間国宝になってもらいたい、と思う技術をお持ちの方が3人いらっしゃいます。

たぶん・・・三人です。

というのは、

同じようなハサミでも、僕ら職人からみると微妙に違うわけです。

大半は、普通です。

が、国宝級の仕事をしているなあと感じる鋏が3種類あります。

3種類というのがポイントで、

一人の職人さんが、Aメーカー、Bメーカー、Cメーカーのそれぞれの下請けで仕事をしていたりします。

なので、種類という表現にしました。

まあ、

平たく言うと、すごい上手な職人さんが3人いらっしゃるということです。

 

僕は、

理美容のはさみ職人にも、人間国宝がいてもいいと思っています。

天皇からもらう、勲章なんかも無縁ですね。

歴史が浅いから、難しいのでしょうが・・・

 

で、

 

その一人が僕の師匠です。

僕からの一方通行の師匠です。

技術的に人間国宝ですし、人格も国宝級です。

 

昨日、その方が亡くなりました。

肺がんでした。

たぶん、62.3歳だと思います。

 

まだまだ、、、

教えて頂きたいことばかりだったのに....

 

死を目前に、

人生を振り返ることができたのでしょうか。

 

 

残念です。惜しいです。

 


Posted by 京都はさみ職人オオタトシカズの理美容ハサミのオンライン専門店 at 19:03 / 京都はさみ職人人間国宝、鋏職人 はコメントを受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談はこちら