‘ハサミの豆知識’ カテゴリーのアーカイブ

シザーズテキスト、カマ形(鎌刃・直刃・柳刃・笹刃)

2017 年 2 月 15 日 水曜日

しもしも。

こんにちは。

オオタです。

OK!バブリー(笑)


さ、

て、

カマ形(鎌刃・直刃・柳刃・笹刃)

刃の形って、いろいろとありますが、

今回は刃線の形です。

この黄色のところの話です。

鎌みたいにえぐれていると、鎌刃(カマバ)って呼びます。

直線だと直刃(チョクバ)です。

柳っぽいと、柳刃(ヤナギバ)で、

笹っぽいと、笹刃(ササバ)です。

この刃線の丸みを弧といいます。

Rとも言います。

どのくらいのRか数値で表すことができます。(例えば、800Rとか)

が、ハサミの世界では、だいたいで決められており、数値で規格されてはいません。

なので、

少しのRがついている(直線っぽい)のが、柳刃で、

たくさんRがついている(丸っぽい)のが、笹刃です(笑)

(カマ形1) 鎌刃

刃線がえぐれています。

その特徴は、

・毛が逃げない

・すごく硬い切れ味

・不十分な研ぎの可能性あり。→いや、ハサミを壊している!って感じです。

普通はありえないです。

(カマ形2) 直刃

刃線が直線です。

(特徴)

毛が逃げないです。

が、もちろん刃付け次第で毛が逃げやすくもできます。

(カマ形3)柳刃

刃線がゆるく丸みがあります。

普通です。

↑かなりいい加減な表現になってしまいますが、普通のハサミは柳刃です。

(カマ形4) 笹刃

刃線がよりゆるく、、、

さらに丸みがあります。

刃元がえぐれている場合、プロペラ刃ということもあります。刃元のえぐれている笹刃とも言います。

(特徴)毛が逃げやすい

柔らかい切れ味。

不十分な研ぎの可能性がある。

スライドカットなどしやすいです。

が!!!

そのような刃付けをしないと逆に難しいかもしれません。


ってことで、

また!

シザーズテキスト、ハンドル

2017 年 2 月 13 日 月曜日

こんにちは

オオタです。

好きなジュースはマンゴージュースです。

ちなみにパイナップルを食べ過ぎて、舌が痛くなったことがあります。

そんな常夏のフルーツの話は置いておいてはじめます


ハンドル

ハサミのハンドルとは、持つところです。

柄ともいいますし、足ともいいますし、ワッカともいいますし・・・いろいろです。

ハンドルは大きく分けて、2種類あります。

1.メガネ

□動刃と静刃が並んでいる

□使い方の自由度が高い

□返して正逆使える(セニングの場合)

2.オフセット

□親指側が短いタイプです。

□開閉しやすい。

□持ちやすい。


メガネとオフセットどちらがいいか?

どちらでもいいです。

「それを言ったら、おしまいよ」というのが「男はつらいよ!」の寅さんですね。

好きな方を選ぶといいです。

まずは、先輩に聞いてみてください。

どちらでもいいよということでしたら、持った感覚で選んでください。

理容師さんは圧倒的にオフセットです。

最近の理容師さんのセニングはメガネが多くなってきました。

トリマーさんは圧倒的にオフセットです。

セニングもオフセットですね。

メガネを使う方もいらっしゃいますが、まだ少数派です。

美容師さんは、オフセット7割、メガネ3割くらいです。

美容師さんのセニングも同じ感じです。

メガネの方がインターナショナルだったり、こだわりだったり、そんな気がします。


じゃ。また!

シザーズテキスト、サイズとスタンプ

2017 年 2 月 10 日 金曜日

こんにちは

オオタです。

ハンコつくりました。

これから、大活躍してもらおうと思います。


さ、

て、

サイズ

今回はサイズ、ハサミの大きさですね!

ハサミの長さは“インチ”で表示されます。
では問題です。

Q:1インチは何センチでしょうか?

ヒント:インチは親指の大きさです。

A:2.54センチです。
日本人の我々からするとちょっと大きいですね。

Q:下のハサミは6.5インチのはさみです。
  ハサミの長さはどこからどこまでの長さでしょうか?

どこからどこまでの長さといういうと、

正解はB。
Bの長さが
2.54(センチ)☓6(インチ)=15.24(センチ)です。

Cの長さについて
例えば、このハサミのように長めの指掛けの場合、
指掛けがあるときは、7インチで、ないときは6インチなんてことになりかねないからです。

Aの長さについて

ハサミを選ぼうとすると、この長さは大切です。
指穴が大きいのと、小さいのと・・・
同じ6インチでも、持ったときに感覚が違うものがあります。
この違いの可能性が大きいです。

何インチがいいのか?

ハサミはインチで表示されます。
ハサミメーカーの多くは、5インチから0.5インチ刻みです。

5.0 5.5 6.0 6.5 7.0 7.5といったサイズが多くあります。

5.2、5.75、5.8、6.25,6.3、6..6、6.8・・・とか例外もあります。

実は、
先ほどのBの長さが基準ですが、
なんとなく決まっているだけで、実際には測ったら違うということも・・・・よくあります!!

1.カットシザー

ポイント
長いほど、まっすぐ毛を揃えて切れやすいです。
長いほど、多くの毛が切れて、仕事が早いです。
長いほど、毛が滑らない、毛が逃げにくいです。→あとで説明。

短いほど、小回りがききます。
短いほど、手と一体化する気がします
短いほど、よく切れます。
短いほど、軽いです。

2.目安

刈り上げ 6.5~7.5インチ
ブラントカット 4.5~5.5インチ
チョップカット 5.5~6インチ
ストロークカット、スライドカット 笹刃のところで説明。

刈り上げが6.5~7インチにしか出来ないというわけではありません。

5インチでもできます。

実際に、刈り上げも5インチでやっているところもあります。

しかし、
それだと一度に切れる毛量が少なく、時間がかかります。

なので、大きいハサミの方が便利だよということです。

逆に7インチでブラントカットが出来ないとというとそんなことはありません。

日本にブラントカットを広めたサスーンさんは小さいハサミを強調してそうです。

が、大きいハサミでも可能です。

ただ、小さいハサミの方が手に馴染んで繊細にカットができますよということです。

3.セニングシザース

セニングのところで説明

4.笹刃

ストロークカットやスライドカット専用に使用します。

普通のカットは毛が滑りやすいので使いにくいです。

5.5~6.5インチ

5インチ以下の笹刃はほとんどありません。
7インチ以上の笹刃もありますが、大きい場合ストローク、スライドには使いにくいです。


ん~。

今回はアソビが少なかったですかね・・・。そんなときもあるってことで・・・。

じゃ。また。

カットの練習に入りました!どんなハサミがいいですか?

2016 年 12 月 5 日 月曜日

「オオタさん、ってかっこいいなあ。

あたしと付き合ってくないかなあ・・・・」

1

こんにちは

オオタです。

妄想をしているひとを妄想してしまいました。

そんなこと、もう、そうしません。(笑)

いい感じにM-1の影響がでてきているということは置いておいて、、、、はじめます。

「やっとカットの練習に入りました!どんなハサミがいいですか?」

このとき、

大きく分かれるのが、

いいハサミをつかうか?

安いハサミをつかうか?

が多いと思います。

もし、お気に入りのハサミがあるのでしたら、それでOKです。

そんなハサミがない場合はどうすればいいのでしょうか?

私の意見は、いいハサミを使う!です。

その理由はシンプルです。

いいハサミの方がいいから(笑)

いいハサミの方が使いやすいので、早くカットが上手になるからです。

いいハサミの方がよく切れるので、時間的にも早くカットができます。

いいハサミの方が長切れするので、よく切れ続けています。

そもそも、、、

「なんでカットの練習をするのか?」

それはカットが上手になるためです!

なので、上手にカットできるような環境を準備するのが、いいです。

安くて切れないはさみを使ったとき、

予算を低く抑えることができるのはいい点です。

しかし、切れない・・・

使いにくい・・・

すぐ切れなくなる・・・

そんな状態で上手になれる気がしません。

予算が限られるのでしたら、仕方がないです。

が、

もし、友人にアドバイスするなら、借金してもいいハサミを買った方がいいです。

先行投資する価値があります。

きっとそのハサミは、苦楽を共にした友達という財産になるだろうし、、、

この練習の期間に身に着けた技術が財産になるからです。

長くなりそうなので、次回は、

「カットウイッグ用のハサミを営業で使えるか?」です。

じゃ。

また!

セニングの切れない・・・・について

2016 年 12 月 1 日 木曜日

 

我が家の庭はこんな感じです(^^)

2

写真は京都・嵐山、、、

嵐山に世界遺産のお寺があります。

このお寺の庭から写真のような嵐山が見えます。

まわりの景色も、自分の庭にしてしまう、、、

景色を借りると書いて、

これを「借景」というそうです。

へぇ・・・・。

——————————————-

こんにちは

オオタです。

1

こんなお手紙を頂きました。

要は、セニングを研ぎに出したら、切れなった。何度直してもらっても切れない・・・ということです。

実はこういうことって、

意外と多いです。

セニングはトラブルが多いですね。

で。。。

通常セニングの研ぎの場合、わざと切れないようにします。

わざわざ、刃を殺してます

殺人ならぬ、殺ハサミです(笑)

わざわざ!刃を殺してます。

 

それには、理由があります。

刃が鋭すぎると、ソリとヒネリの関係で、
刃と刃をケンカさせるように、かんで閉じなくなってしまうことがあるからです。

わかります?

刃と刃がケンカしてしまうのです。

今回のセニングは2丁とも同じ状態でした。

刃が殺されていました。

それも必要以上に殺されていて、、、

本当は、ちょっとけがをさせるくらいでいいです。

半殺しはやりすぎるくらいです。

今回のセニングは、完全に殺されていました!

切れないのは当たり前!といったレベルでした。

やりすぎです。

そのために、まったく切れない状態でした。

 

で、

これを生き返させるために、がんばりました!

そんなこんなで、

紅葉はきれいだねって話です(笑)

ハサミの長さで選ぶ・・・

2016 年 11 月 5 日 土曜日

外は青空がきれいで、

街路樹の紅葉が始まりました。

イチョウはきれいな黄色で、

名前のわからない木の葉っぱは赤くなっていました!

1

こんにちは

オオタです。

趣味は、栗拾いです(笑)

さ、

て、

ハサミの長さは何インチがいいのでしょうか?

どんなカットをするか?がポイントになります。

それは、

オールマイティーで使うハサミというのでもいいですし、

〇〇専用・・・

例えば、スライドカット専用とかでもいいです。

更には、もっと限定的でもいいです。

例えば、スライドカットでも、上から下に、大きくスライドさせるのに合っているハサミというのでもいいです。

オールマイティに使えるハサミは、オールマイティに使いやすいと思います。

しかし、

スライドカットをしようとすると、スライドカット専用のハサミの方が使いやすいということになります。

だからって、オールマイティのハサミでスライドカットができないというわけではないです。

もし、

「俺はスライドカットの鬼だ!

スライドカットして、個性が発揮される!

スライドカットはだれにも負けない。」

というスタイリストさんがいたとします。

たぶん、

この方の使うハサミは、オールマイティのハサミではなくて、

スライドカット専用のハサミかと思います。

よりいい仕事をしようとするなら、当たり前ですが、専用のハサミの方が使いやすいです。

そうやって、

どんどんハサミが増えていくのかもしれませんね。(笑)

とはいえ、

いいハサミと出会ったら、、、

それだけで、技術者として人生、、、楽しく仕事ができそうです。

ちなみに、

私の場合、、、

実は砥石にも大きさがいろいろあります。

(小さいものより、大きいものが高価です)

で、

始め

ケチって、小さいものを買ってしまったことがあります。

「おお!いい感じに研げる!」

ですが、

手に馴染まないわけです。

感覚としては、自分の力を100%発揮できていない・・・・80%くらいか?・・・そんな感じです。

これって、

仕事を楽しくしようとしてないんだと思いました。

で、

大きい砥石を買ったことがあります。
(ダイヤモンド砥石の中でも特殊なタイプなので、意外と高価です)

で、

これがいい感じ!!なんです。

いい感じすぎて、、、砥石と一体化してしまうくらいです(笑)

まあ・・・うまくお伝えできないですが、そんな感じです。

じゃ。また!

 

ドライカットのハサミをズルズル滑らせる

2016 年 11 月 1 日 火曜日

ハロウィンは盛り上がりましたか?

1

我が家では、

去年、
せっかくお菓子を準備していたのに、
子供はTVに夢中だったので、一人寂しく用意していたお菓子を食べました。

今年、
準備しませんでした。

が、
「ハロウィーンクイズやろう!」としつこいので、
急きょコンビニにお菓子を買いに行って、やりました。

ちなみに、
このクイズというのは、小学生の息子が好きでして、
クイズに答えて宝探しをするというゲームです。

で、今回、そのお宝がチョコレート盛りだくさんでした。

ちなみに、
彼はチョコレートが大好きで、
人にあげるのが苦しく、
泣きそうになりながら、私に3粒くれました(笑)

そのガッツで将来、大物になってもらいたい!

さ、

て、

「ドライカット専用のハサミです。スライドでひっかかります。すべりません。
ズルズルで、まったく切れないというくらい、限界まで滑らせてください。」

というリクエストをもらうことがあります。

確かにスライドカット専用のハサミなら、ひっかからずに滑って切れないくらいがいいですね。

が、

限界までって、、、本当に切れないですから。

なので、
そんなリクエストがあっても、
ほどほど切れないように刃付けをします。

切れない度50%くらいです。

限界までというリクエストに対して、50%くらいにするというのは、
リクエストを正確に応えていないようで、心苦しいです。

で、

何か月か経って、、、だいたい、、、

「前は滑りすぎました。ほどほどに滑るようにしてください。」と
リクエストがあることが多いです。

そのとき、言う通りに100%ズルズルにしなくてよかったと思います。

で、すべり度10%-25%くらいにします。

だいたいこのくらいが使いやすいようです。

 

切れ味は全く問題ないのですが、パワーが少し弱くなったような気がします。 4年目なので少しずつはとは思っているのですが。

2016 年 10 月 28 日 金曜日

男:万一のことを考えて、保証は大きい方がいいんだよ。

女:そうなの?

男:そうさ。由美子さんの美貌なら、5億円くらいは当たり前だよ。

女:やだ、徹さん。じゃ、それで。

男:そうそう、幸せの水晶って知ってる?・・・・(つづく)
1

こんにちは

オオタです。

ワンポイント演劇「男と女のラブゲーム」に参加いただき、ありがとうございました。(笑)

さ、

て、

こんな理容師さんからお問合せをいただきました。


切れ味は全く問題ないのですが、パワーが少し弱くなったような気がします。

4年目なので少しずつはとは思っているのですが。

慣らし切りもしているのですが、
何かメンテナンス等で注意点でもあれば、教えて頂ければと思いメールしました。


なるほど、
できる方は、質問レベルが高度過ぎて、ついていくのがやっとです。

私からの返信はこちら。


深いテーマです。

おっしゃるとおりです。

時と共に弱くなるものです。

 

パワーに関して、

感覚として切ったとき、
毛が逃げにくいような場合にパワーがあると感じやすいようです。

そのために僕らは、そのような刃付けで対応することが多いです。

ただ、
今回のお話は、なかなか難しいです。

それは過去の刃付けはすべて私がさせて頂いたからです。

刃付けではなく、根本的なことになると思います。

パワー不足をかいしょうさせるために、刃を肉厚に増やしたりできるといいのですが・・・

それは現実的ではないですね。

 

メンテナンスの注意点として、

〇〇さんの場合、

変な使い方もなく、きれいに使っていらっしゃるのが印象的です。

押切が強いと劣化が早いですが、そういった癖もないです。

セームで拭くときは、ひねるように拭くのが効果的なのです。

しかし、ハサミを見る限り、それもしっかりとされていると思います。

 

ハサミは連続して使わないで休ませながら使うといいという話を聞きますが、
私としてはよくわかりません。

 

思うところはこんなところです。


あと、

ハサミを短くするとパワーがでます。

が、

そういうことではないんでしょうね・・・

じゃ。また!

腱鞘炎にならないかもしれない、ハサミについて

2016 年 10 月 27 日 木曜日

 

1

子供:ママ、最近疲れがたまりやすい。

母親:じゃあ、朝鮮人参入りにする?それとも大麻?

子供:高樹沙耶かぁ!

 

こんにちは

オオタです。

疲れたときは、アリナミン派です。サプリよりも確実に効くところが好きです。

1

さ、

て、

先日、腱鞘炎の美容師さんの話を伺いました。

疲れがたまると、腕が腱鞘炎で痛くて、腫れてしまうそうです。

原因は、ハサミのカットだけではなくて、

ヘッドスパなどで結構腕を使うので、疲れで腱鞘炎になるのかもしれないとのことでした。

周りの方も、「腕がはれちゃって、かわいそう」とのことでした。

 

美容師さんって、激務ですね。

その後、

「腱鞘炎」のお話を伺ってから、ずーと考えてました。

・どんなハサミが腱鞘炎になりにくいか?
・ハサミで腱鞘炎をさせることはできないのか?
・元腱鞘炎の人はどうしたのか?
などです。

 

ハサミで腱鞘炎を直せたら、

すごくいいなあと思いますが、

実際はかなり難しそうです。

 

私が

多くの理美容師さんと出会う中で、

腱鞘炎の方もいらしゃいます。
その方々のハサミの共通している点があります。

それは、
・切れないのに無理して使っている。
・かなり押切をしている。
です。

ただ、

この方の場合、

そういった癖のあとは、ほとんどありません。

 

なので、ずーと考えているわけです(笑)

 

実は、

ベテラン女性美容師さんで、

「腱鞘炎になったら使うハサミ」をお持ちの方がいらしゃいます。

 

この方の例が参考になるかもしれないと考えております。

普段は

5.5インチのオフセットと7インチのオフセットのハサミを使っています。

 

そして、

腱鞘炎のときだけ、

「腱鞘炎になったら使うハサミ」を使います。

 

そのはさみは、5インチのメガネのハサミで、指孔がやたら大きいです。

 

僕の指でも、奥までずぼっと入るくらい大きい指孔です。

 

改めて、

腱鞘炎の方々のハサミを思い出してみますと、

全員オフセットのハンドルでした。

 

もしかしたら、

オフセットのハンドルは安定して持ちやすい分、

同じ筋肉同じ筋を使うので、そこに負担がかかり、痛めやすいのかもと思いました。

 

つまり、腱鞘炎には、ハンドルはメガネがいいかもしれないという考えです。

 

これは完全に僕の、、、なんとなくの考えです。

もし、いろいろ手を尽くして、、、良い方法と出会わなくて、、、

美容師を続けたいけど、、、続けることができないかも、、、、と思ったときに

検討してみて頂くといいかもしれません。

 

ってことで、またね!

 

粒が細かいと鋼材です。

2016 年 10 月 25 日 火曜日

こんにちは

オオタです。

1-1

女:ねえ。ねえ。今日はどんなプレイする?

男:朝から元気だなあ。じゃ、僕がMのパターンで。

女:この豚野郎!

 

今日もくだらない妄想は、我ながらいいデキです!

自分に100点!

さ、

て、

甘ーい点数だという話は置いておいて。

今回は、鋼材の粒の話です。

これは僕の感覚なので、一般的な話ではないかもしれません。

ただ、毎日いろいろなハサミを研いでいて、感じる鋼の話です。

よく切れるハサミの鋼材って、「静か」で「濡れて」いて「滑らか」なんです。

わかりにくいですかね。

髪の毛だったら、パサパサではなくて、つやがあって滑らかで、しなやかで、、元気が良すぎてはねるようなこともない感じです。

子供の髪とかが近いんですかね。

まあ、砥石にハサミを当てて研いでいるときにそんな風に感じるわけです。

で、この感覚をどうするれば、わかりやすく伝わるのかなあ??と。

疑問も思っていました。

すると、、、です。

駅で電車を待っているとき、

京都に行って、舞妓ちゃんと遊びたいなあと妄想していたら・・・

いいものがありました!

1

駅の電柱です。錆びないように、、なんとかメッキというのをしている電柱です。

よく見ると、明るいグレーがあったり、暗いグレーがあったり迷彩色みたいな模様になっています。

ハサミの場合も、こんなイメージです。

ハサミの場合、鉄にコバルトとか、モリブデンとか、、、クロームとか、いろいろなものが混ざってよく切れる鋼になっているわけです。

それぞれがきめ細かく混ざっているといいんですが、どうしてもその粒が大きくなったりしてしまう気がします。

この写真も小さい粒ではなくて大きいので色が違うわけです。

これと比べれば、ハサミはかなり小さく、見ることはほぼ不可能ですが、こんな感じになっていて、

この色の差が小さいほど、いい感じの鋼になるわけです。

たまに、ハサミの鋼で、磨くとこのようにまだらになっているハサミもあります。

 

何が言いたかったのかというと、

冒頭の逆が決まって、100点満点だったという話でした(笑)