‘ハンドル(柄)’ カテゴリーのアーカイブ

シザーズテキスト、ハンドル

2017 年 2 月 13 日 月曜日

こんにちは

オオタです。

好きなジュースはマンゴージュースです。

ちなみにパイナップルを食べ過ぎて、舌が痛くなったことがあります。

そんな常夏のフルーツの話は置いておいてはじめます


ハンドル

ハサミのハンドルとは、持つところです。

柄ともいいますし、足ともいいますし、ワッカともいいますし・・・いろいろです。

ハンドルは大きく分けて、2種類あります。

1.メガネ

□動刃と静刃が並んでいる

□使い方の自由度が高い

□返して正逆使える(セニングの場合)

2.オフセット

□親指側が短いタイプです。

□開閉しやすい。

□持ちやすい。


メガネとオフセットどちらがいいか?

どちらでもいいです。

「それを言ったら、おしまいよ」というのが「男はつらいよ!」の寅さんですね。

好きな方を選ぶといいです。

まずは、先輩に聞いてみてください。

どちらでもいいよということでしたら、持った感覚で選んでください。

理容師さんは圧倒的にオフセットです。

最近の理容師さんのセニングはメガネが多くなってきました。

トリマーさんは圧倒的にオフセットです。

セニングもオフセットですね。

メガネを使う方もいらっしゃいますが、まだ少数派です。

美容師さんは、オフセット7割、メガネ3割くらいです。

美容師さんのセニングも同じ感じです。

メガネの方がインターナショナルだったり、こだわりだったり、そんな気がします。


じゃ。また!

ハサミの勉強8 ハサミのハンドルについて

2016 年 3 月 4 日 金曜日

出てくるぞ―

富士山から、何かが出てくるぞ―

1

 

こんにちは

オオタです。

富士山から、何かが出てきそうな感じの写真です。

目に見えないパワーみたいヤツです。

さ、

て、

ハサミのハンドルについて

ハサミのハンドル説明

上が「メガネ」ってよびます。

動刃と静刃の指穴が、上下対称にならんでいます。

ハサミを立てると、メガネみたいになるからかもしれません。

その特徴は、

自由度が高い

親指穴がオフセット比べ長い分、テコの原理が働き、パワフルに切れる

返して正逆使える(セニングの場合)

です。

自由度が高いというのは、変な風にもっても大丈夫ってことです。

指穴がおおきいことと関係するとは思いますが、腕をひねったりとか、、、そういうのがやりやすいです。

美容師さんのカット技術にこだわりがある人向けです。

下は「オフセット」と呼びます。

親指の位置がよりネジよりですが、より開閉しやすいですね。

反面、メガネよりはテコの原理が働きにくいです。

持ちやすいですね。

開閉を安定させるには、オフセットが良さそうです。

長いハサミにはオフセットが合います。

6.5インチ以上の鋏はオフセットがおおいです。

 

もし、

新人が6インチ以下のハサミが欲しくて、

どちらにしようかな・・・?

と思ったら、

メガネがいいです。

はじめはオフセットより、なれるのに時間がかかるかもしれませんが、技術の幅を広げやすいようです。

オフセットもいいのですが、切りにくい場所があったりとか、他のハサミが使いにくく感じるということがあるようです。

ちなみに、

メガネで慣れているひとは、オフセットはあまり気にせずに問題なく使えます。

逆に

オフセットで慣れている人は、メガネは少し使いにくいようです。

ということで。

じゃ。

また!

北川景子と理美容挟みハンドル

2015 年 10 月 8 日 木曜日

結婚はさみ

突然ですが、
福山雅治の結婚をすなおによろこべない、お嬢さま!

そうですよね。

ですよね。

なんかガッカリですよね。

その気持ちが、よーくわかります。

あっ。

あいさつを忘れていました。

こんにちは
オオタデス!

本日Yahooニュースをみたら、わたしの彼女の景子が結婚!ってなっていました。

どうしたんだ?

景子!

君は僕を置いて、

TY(手袋野郎)と

KK(結婚)するのかい?

(笑)

さ、
て、

まだ、僕にはアンちゃんがいるって話は置いておいて(笑)

ハンドルの話です。

ハンドルの一部

 

わかりますか?

これ。

ハンドルの一部です。

例えば、メガネのハンドルを使いにくいから、オフセットにしたい、、、なんていうときにです。

柄のところをカットした残骸です。

実際の工程としては、

柄のところをカット。

新しいハンドルを溶接。

溶接できたなくなったところを削りきれいにする。

その部分をさらに磨いて光らせる。

出来上がり!

っていう流れです。

ちなみにこれ、燃えないゴミになります。

ほしい人いるかな?・・・(笑)

シザーケースに差したら、「なんちゃってハサミ」になりますね💛

じゃ。また。

ハサミのハンドルとは

2015 年 9 月 18 日 金曜日

ハンドル

 

手で持つところ、指穴があるところ。

一般的には、柄と呼ばれます。

あしと呼ぶ人がいますが、マニアックなひと、または製造するひとです(笑)

ハンドルの種類(メガネ・オフセット)

ハンドル写真の上がメガネ、指穴がそろっています。
使っている人は美容師さんに多いです。
指穴が比較的大きいせいか安定して持つことが出来にくいですが、反面持つときの自由度が大きく、いろんな持ち方ができるのでいろいろなカットがしやすいと言われています。

下はオフセット、指穴がずれていて親指の穴の位置が前のほうにあります。
使っている人は、美容師さん、理容師さん、トリマーさんです。
人間工学的に持ちやすい並びです。そのため持ったときに安定させやすいです。

どちらがいいということは、ありません。
好みです。

小指掛け(脱着式・ネジ式)

2015 年 8 月 26 日 水曜日

ハンドルがメガネの指掛けは、ネジ式になっています。

そのため、

不要であれば、

ひねって取り外すことが可能です。

また、

使い込むと

そのネジが馬鹿になって、

簡単にとれてしまうようになります。

そんなときでも、

新しいものをとりつけると、取れにくくなります。

小指掛け、長さ

写真をみてください。

いろいろな大きさのものがあります。

真ん中のものがいわゆる「普通」です。

長いものはほとんど見かけませんが、

短いものを使っている方は、意外と多いです。

ちなみに、、、

指掛けで多いトラブルが、

「気がついたら、取れてしまった!どっかに行ってしまった!無くなった!」

です。

無くなったら、新しいものを買って取り付ければいいです。
(たぶん1000円くらいです)

が、

それも

面倒なので、

買うときに、溶接で動かないようにしてもらうといいです。

溶接でなくても、接着剤で固定してもらっても問題無いです。

ちなみに、

接着剤と言ってもいろいろあります。

実は、金属同士をくっつけるのは、かなり難しいです。

なので、

普通の瞬間接着剤なんかだと、一応くっつきますが、取れやすいです。

で、

更に

「それ用」のものがありまして、、、

使い方をひと工夫すると、取れにくくなります。

しかし、それでも道具を使えば、簡単に取れます。

で、、、

最近は、さらに強力な「それ用」のものがあります。

科学の進化!なめんなよ!レベルです(笑)

開発したひと、すごいです!!!

ってことで、

指掛けはいろいろなものがありますよ!

っていう話と、

接着剤もいろいろありますよ!

っていう話でした  (^^)

小指掛け(しょうしかけ)とは

2015 年 8 月 25 日 火曜日

小指掛け(しょうしかけ)

指掛けのことです。

小指をかけるところです。

赤ちゃん指をのせるところです。

ここに指をのせて、軽く力を入れると安定して鋏を持つことができます。

安定させてもつことができると、

狙ったところの毛を狙った通りに切ることが出来ます。

つまり思い通りに切れるようになります。

(当たり前ですが、、、)

意外と知られていないことですが

指掛けは無くてもいいです。

ない方が使いやすいという方もいます。

そういったケースは、指掛けをとりましょう。

上の写真の指掛けはネジタイプです。

指で掴んでねじってとります。

写真の下の方は、削ってとります。

これはハサミ屋さんに改造してもらいます。

ハンドルのコブについて

2015 年 8 月 14 日 金曜日

ハンドル選びには、

いろいろ検討するところがあるかと思います。

そのうちのひとつがコレ。

コブです。

こぶ

写真のように山になっているところをコブと呼びます。

ということで、この写真のハンドルは、コブのあるオフセットです。

または、コブがあるということで、

このハンドルをラクダと呼ぶこともあります。

つまり、ラクダのオフセットです。

メガネにもコブのあるものがあります。

また、

ラクダのオフセットのハンドルを同じようにつけて、

ラクダのメガネにすることも可能です。

例えば、こんな感じです↓

メガネのラクダ

コブがあると手に馴染みやすく持ちやすくなります。

が、

ですが、

かといって、

あっても、なくても

あまり気にならないという方も多いです。

セニングなら、

ほとんど気にならないのではないでしょうか。

デザイン重視といった面もあるかもしれません。

オフセットとメガネ

2015 年 7 月 31 日 金曜日
オフセットとメガネです

オフセットとメガネです

オフセットもメガネも、理美容のハサミのハンドルです。

指を入れる穴のところです。

大きく分けると、2種類のハンドルがあります。

写真の上がメガネです。

指穴がそろっています。
使っている人は美容師さんに多いです。

特徴としては、持ち方の自由度が高い。
反対に、安定させて持つのが難しいです。

下はオフセットです。

指穴がずれていて親指の穴の位置が前のほうにあります。
使っている人は、美容師さん、理容師さん、トリマーさんです。
人間工学的に持ちやすい並びです。

どちらがいいということは、ありません。

好みです。