‘切れ味’ カテゴリーのアーカイブ

ハサミを落としたぁ、切れなくなった場合

2016 年 5 月 17 日 火曜日

🎶 ピカソより・・普通に・・・ラッセンが好き!! 🎶

1

こんにちは

オオタです。

絵を見て楽しいとか、、、

そんな心を持ちあわせていませんが、

ラッセンよりピカソが好きです。

さ、

て、

ハサミの話です。

ハサミを落としてしまった・・・どうしよう・・・?

という場合。

たぶん、切れなくなります。

「えぇーーでも、切れますよぉ!!」という方は、

これから先は読まないほうがいいと思います(笑)

というのは、

感性の高い方の場合、

もしハサミを落としたら、切れなくなると考えています。

落とすことで、僅かな凹みなどを感じ取る感性があるからです。

そういった意味では、

落として使っているという感覚がわからない!という人も多いと思います。

逆に、

多少落としても、、、

3秒以内に拾えば大丈夫(笑)

という方もいらっしゃいます。

それは

それでいいのですが、、、、(笑)

で、

刃に触れてみて、刃こぼれがないのに、切れなくなっている

という状態があります。

この場合、

実はとても小さい刃こぼれがあるので切れないのです。

つまり、

手で触れて刃こぼれがないと感じるくらい、

とても小さい刃こぼれがあるのです。

手ではわからないけど、切った時にはわかるという状態です。

美容師さんは、

ハサミで切ることのプロですけど、

ハサミの刃を触るのはプロではないで、当然といえば当然ですね。

じゃ。

股!

 

トリマーの鋏「毛が噛む」

2016 年 5 月 9 日 月曜日

1

↑こんなメモ用紙をつかっている方から研ぎの依頼をうけました。

トリマーさんです。

「毛がかむので直してほしい」とのこのです。

トリマーさんからの依頼でおおい症状です。

トリミング用のハサミは理美容のハサミと基本的に同じです。

基本的に同じと書きましたが、、、

本当は、まったく同じです(笑)

あえて、

何が違うかというと、

今回のトリマー用のハサミの方が「毛を噛みやすい」という症状が起きやすいです。

犬の毛の方が細いので、この症状は出やすいです。

その対策のために、少し刃付けを変えます。

ここがちょっと、違うところです。

どうかえるのか?

言葉にするのは難しいですが・・・・

無理して説明してみます。

わざと切れ過ぎないようにします。

刃が鋭すぎて、向きが変わらないくらいに鈍くします。

この意味ですが、

ハサミの刃って、すごく硬いです。

が、しかしっ、先端の先端はあまり硬くないです。

人の手で工事現場の鉄パイプを曲げることは出来ないですが、細い針金なら曲げることができるようなものです。

ハサミの刃の先端の先端は、ちょっとだけ柔らかいので、使っているうちに向きがかわるように曲がってしまいます。

目で見えないくらい細かいところで・・・です。

で、

トリマーさんのハサミを研ぐときは、この向きがかわらないくらいに、すこしだけ鋭さをなくします。

かなり微妙なところですが・・

ハサミの切れ味(シュルシュル)

2015 年 10 月 2 日 金曜日

こんにちは

オオタです。

 

突然ですが、「しゅるしゅる」と切れるって、聞いたこと有りますか?

これは、

なかなかの難問でした。

しゅるしゅる

(写真は、シュワシュワです(笑))

お話を伺うと、

ドライで、

スライドカット風であまりスライドさせないで、

笹刃のハサミで、

優しく切り落としていくイメージでした。

普通にスライド用の刃付けにすると、

少し滑りすぎてしまうようでした。

ってことをラインの動画で教えてくれました!

練馬のゆうくん!ありがとう!

 

いろいろな切れ味の表現があるんだなあ、、、なんていう日々です。

じゃ。また。

1

切れ味(こつこつ)

2015 年 9 月 24 日 木曜日

コツコツ切れる

コツコツと切れる、切れ味がとは、、、

写真は、

こつ、、、

こつこつ・・・

ってことでとんこつラーメンです。

なんで?純粋のとんこつラーメンではなくて、醤油とんこつなんだ!という話は置いておいて、切れ味の話をすすめます(笑)

 

こつこつ切れるというのは、

毛を一本ずつしっかりと切っていくイメージです。

 

これは厚切りした時は、そのような感覚は感じなくて、

比較的薄くとって、繊細に切っていくイメージです。

 

刃付けとしては、

比較的鋭く、毛が逃げないような感じですね。

 

この記事を読んでくださったアナタ!

一週間以内にラーメンが食べているでしょうね(笑)

切れ味(ザクザク)

2015 年 9 月 18 日 金曜日

ザクザク切れる

金銀財宝がざっくざくぅ~のザクザクですが、

ザクザク切れるというのは、

ある程度力が必要だけど、

その力に見合った感じで力強く切れるという雰囲気です。

毛をしっかりつかんで、

逃がすこと無く、切り進むといった感じでしょうか。

昔の

「ステンレス」と書かれているハサミにこういった切れ味のものが多いです。

どちらかというと、

柔らかい鋼のハサミがこんな切れ味になりやすいです。

こういった切れ味が好きな方も多いかと思います。

が、切れなくなるのは早い場合もあります。

切れ味(サクサク)

2015 年 9 月 14 日 月曜日

サクッ

こんにちは

オオタです。

切れ味がサクサクだから、柵の画像を考えました。

が、

なかったので、桜の画像です。

さわやかな春を感じさせる、きれいな桜ですね。

さて、

「サクサクという切れ味にしてほしい」というハサミの研ぎのリクエストは、多いです。

サクサクとリズミカルに心地よく切れるハサミというのはいいですね。

刃付けとしたとき、

私の目指すところも、ここです。

刃付けの好みをおまかせ頂いた時、サクサクと切れるようにしたいと考えています。

実際は、

そうなってくれるハサミもあれば、

そんな感じ、、、くらいのハサミもあります。

サクサクというのは、

よく切れるということですが、

ほんのわずかに、毛が逃げて優しくきれる感じだと考えています。

どのくらい毛が逃げるのかが、ポイントになります。

これは使う人の好みによるところが大きいですね。

 

切れ味(スパっと切れる)

2015 年 9 月 11 日 金曜日

切れ味

今回は切れ味について

かなり文字に表現しにくいテーマです。

写真は、フランス人シェフですかね、、、ちょっと怖いです。

さて、

スパっと切れるについてです。

スパっと切れるというと、大した力が必要なく、一瞬で切り落とすイメージです。

ハサミの場合、開閉がよりスムーズで、早い感じがします。

硬い切れ味というよりは、柔らかく切れる感じです。