‘ハサミの選び方’ カテゴリーのアーカイブ

セニングシザーズテキスト、セニングの正刃と逆刃

2017 年 3 月 30 日 木曜日

こんにちは

オオタです。

好きなガムは、クロレッツ緑です。

それがどうした!?

とツッコまれそうですが、

味が30分も持つなんてすばらしいです!

ただ、この2WAYキャップ、ガムの取り出し口が2つなんですが、

使いやすい用で、ちょっと使いにくかったです。


さ、

て、

セニングの話です。

前回は、セニングには棒刃と櫛刃がありますよ~っていう話でした。

ちなみに、
両方とも櫛刃のタイプもあります。

これを両方櫛刃なので、
両櫛(りょうぐし)って呼んだりします。

たまーに

石原さとみ似のかわいい子が

「えーーーそんなセニングがあるんですね。

見たことなーい。

新しいですね。

オオタさん、ステキ」

と言ったとします。

ポイントは石原さとみ似です。(笑)

いや、ポイントは
両櫛のセニングが新しいか?どうかです。

最近は少なくなってきていますが、
両櫛のセニングは昔からあります。

構造的に抜けがよさそうです。

ヌケいいかどうかというと、正直そうでもないです。

普通のセニングを抜けがいいように研いだ方がいいものは多いです。

さ、

て、

セニングには、正刃と逆刃がありますっていう話です。

 

この写真は正刃。正しいかどうかはわかりませんが、櫛刃が静刃になります。

反対に逆刃は、コレ。

静刃は棒刃で、櫛刃が動刃になっています。

何が違うんだ?ということですが、

正刃は、美容師さん、トリマーさんがよく使っています。

逆刃は、理容師さんがよく使っています。

どうやって切れるかというコメントは先輩の方々に任せるとして、

セニングの正刃逆刃で確実にいえることは

1.どちらか慣れていると、そのくせがついてしまう。
なので、もう一方のセニングは使いにくい。

2.ヌク時は、棒刃にささらないように抜くと、ヌケがよい。

3.閉じてヌクより、開いて抜いたほうが、ヌケはよい。

4.カットシザーに比べ構造的に切れなくなりやすい。
切れなくなると引きちぎるようになり、枝毛製造機になる。
(ひっかかる、切れ毛やパサツキ、切断面が白いなどは要注意)

です。

もし、正刃と逆刃どちらを買おうかなあと悩んでいるとしたら、おススメがあります。

メガネです。

この写真の状態だと正刃ですが、ひっくりかえして親指と薬指を入れると逆刃になります。

で、

で、

で、

ちょっとわかりにくいのですが、

左のメガネの話です。

これは、わかりにくいので、次回にしましょうか。

今回はセニングの正刃逆刃のはなしでした。

じゃ。

また。

ハサミの長さで選ぶ・・・

2016 年 11 月 5 日 土曜日

外は青空がきれいで、

街路樹の紅葉が始まりました。

イチョウはきれいな黄色で、

名前のわからない木の葉っぱは赤くなっていました!

1

こんにちは

オオタです。

趣味は、栗拾いです(笑)

さ、

て、

ハサミの長さは何インチがいいのでしょうか?

どんなカットをするか?がポイントになります。

それは、

オールマイティーで使うハサミというのでもいいですし、

〇〇専用・・・

例えば、スライドカット専用とかでもいいです。

更には、もっと限定的でもいいです。

例えば、スライドカットでも、上から下に、大きくスライドさせるのに合っているハサミというのでもいいです。

オールマイティに使えるハサミは、オールマイティに使いやすいと思います。

しかし、

スライドカットをしようとすると、スライドカット専用のハサミの方が使いやすいということになります。

だからって、オールマイティのハサミでスライドカットができないというわけではないです。

もし、

「俺はスライドカットの鬼だ!

スライドカットして、個性が発揮される!

スライドカットはだれにも負けない。」

というスタイリストさんがいたとします。

たぶん、

この方の使うハサミは、オールマイティのハサミではなくて、

スライドカット専用のハサミかと思います。

よりいい仕事をしようとするなら、当たり前ですが、専用のハサミの方が使いやすいです。

そうやって、

どんどんハサミが増えていくのかもしれませんね。(笑)

とはいえ、

いいハサミと出会ったら、、、

それだけで、技術者として人生、、、楽しく仕事ができそうです。

ちなみに、

私の場合、、、

実は砥石にも大きさがいろいろあります。

(小さいものより、大きいものが高価です)

で、

始め

ケチって、小さいものを買ってしまったことがあります。

「おお!いい感じに研げる!」

ですが、

手に馴染まないわけです。

感覚としては、自分の力を100%発揮できていない・・・・80%くらいか?・・・そんな感じです。

これって、

仕事を楽しくしようとしてないんだと思いました。

で、

大きい砥石を買ったことがあります。
(ダイヤモンド砥石の中でも特殊なタイプなので、意外と高価です)

で、

これがいい感じ!!なんです。

いい感じすぎて、、、砥石と一体化してしまうくらいです(笑)

まあ・・・うまくお伝えできないですが、そんな感じです。

じゃ。また!

 

ハサミの診断

2016 年 6 月 16 日 木曜日

こんにちは

どうでもいいことですが、この写真↓

1

エロいですね。

ピンクなのが・・・・

これって男性だからですかね。

それとも僕個人の問題ですかね(笑)

さ、

て、

ハサミの診断というテーマだとすごく広いんですが、

もし、僕が新品のハサミに触れてみて、買うかどうか?といった判断を数字にしなくてはいけないとします。

その時の判断基準をお知らせします。

一番は、

窓口になってもらえる、その営業の方で決めると思います。

これはハサミに限らず、、、ですね。

いくら良いハサミを持っていても、いい加減な方とはちょっと距離を置きたいです。

ハサミの知識も当然ですが、

もしものときに、しっかり対応していただける方がいいです。

 

ハサミだけでの判断としては、

まずは、ハサミの金属としての輝き。

これは光っていればいいというものではなく、、、、

均一に刃物として艶やかに光っている感じです。

反対は、「工場長。命令アルヨ!光らせるアルヨ!」みたいな心がないような光り方です(笑)

最近の中国製のハサミってそんなのが多いです。

まったく、わからないですね。

 

正直この時点で、ある程度わかります。

それは仕事がら、多くのハサミとふれあうので、その経験で大体分かってしまいます。

 

で、

次に

刃を指で触れます。

これは、ハサミを持つ時のクセになっていることなんですが、、、

どのくらい刃が立っているかをチェックします。

すごく刃が立たせているハサミメーカーが多いと思います。

刃が立っているとよく切れますが、すぐ切れなくなったり、ひっかかりが強かったりで、意外と使いにくいようです。

なので、ほんのちょっと、刃が寝ている方がいいです。

この辺の感覚を持っている人が刃付けをしたかどうかを見ます。

 

安いハサミほど、はじめはよく切れるけど、すぐ切れなくなってしまう系という印象があります。

 

次に

ネジを少しキツ目にします。

ネジがゆるすぎるのは、この時点でアウトです。

ハサミのことを知っている普通のメーカーさんなら、ゆるすぎることはないはずです。

ネジを少しキツ目にして、

ゆっくりとハサミを閉じて行きます。

ゆっくりと・・・・・です。

そうすると、

締まるにつれて、徐々にわずかに閉じるのが重くなります。

極々、わずかに重くなります。

この重くなる感覚が、スムーズでなかったり、重くならなかったり、、、それをチェックします。

いわゆる調子の確認です。

 

そのあと、

光に照らしながら、裏スキの凹み加減をみます。

将来的にどの程度長持ちするか?を見ます。

精度が高いほど、何年も使えます。

 

実際は、

切ってみるのが一番ですね。

やはり仕事としてハサミを使われている方なら、毛を切るのが一番です。

切っても、よくわからないという方もいらっしゃるかと思いますが、

それはそれで、、、わからないながらも切ってみてください。

 

そんな感じです。

とりとめのない話になってしまった・・・

要するに、

ピンクの聴診器はエロいんではないか?という問題提起です(笑)

じゃ。また!

 

 

ハサミの勉強12 ハサミの長さ

2016 年 3 月 10 日 木曜日

 

女:ねぇ、ねぇ。これから何する?

男:日本に行って忍者ごっこする?

女:何それー!。あたしはお姫さまがいい。

男:じゃ。僕は悪代官ね。

男女:あっれっ~・・・クルクルってやつ!!!(笑)

1

こんにちは

オオタです。

最近、妻が着物をきたいと言い出しました。

チャンスか?(笑)

さ、

て、

突然ですが、

問題!

長さ

ハサミの長さはどこからどこまでの長さでしょうか?

どこからどこまでの長さといういうと、

正解はB。
Bの長さが
2.54(センチ)☓6(インチ)=15.24(センチ)です。

Cの長さについて
例えば、このハサミのように長めの指掛けの場合、
指掛けがあるときは、7インチで、ないときは6インチなんてことになりかねないからです。

Aの長さについて
ハサミを選ぼうとすると、この長さは大切です。
指穴が大きいのと、小さいのと・・・
同じ6インチでも、持ったときに感覚が違うものがあります。
この違いの可能性が大きいです。

ってことで・・
次回は、何インチがいいのか?です。

じゃ。

また!

 

私が美容師なら、5.5インチのメガネを選ぶと思う。

2015 年 12 月 4 日 金曜日

「神様!

こんなにかわいい猿にしてくれてありがとう。

モテモテすぎて、ヒーヒーよ!」

 

こんにちは

オオタです。

もしサルに生まれ変わるなら、ゴリラがいいです。

黒光りしていて、強そうだから。

ニホンザルに生まれるなら、かわいいサルがいいですね。

オスどもを惑わさせる、魔性サルがいいですかね(笑)

さ、

て、

こんな鋏を造りました。

5.5インチのメガネのハサミです。

私のお客様にはいろいろな方がいらっしゃいますが、

わざわざハサミを送ってまで研いでもらいたいと思っている方とか、、、

わざわざインターネットで、いろいろ検索してよりよいハサミを探している方とか・・・

そんな方が多いです。

より勉強熱心で、向上心の高い方だと思います。

美容師さんに限定すると、

こだわりが強い方って、小さめのハサミが多い気がしてます。

(私のなかの感覚だけの世界ですが、)

で、

そんな方にお話を伺うと、

「ハサミと一体化したときが、気持ちいい」

そうです。

この気持ち良いというのは、思い通りに切れてくれるから、気持ちよく切れるということらしいです。

で、

まあ、

そんなハサミが作れて、

美容師さんに使ってもらえて、

楽しく仕事をしてくれたら、

それが自分にとってもいい仕事だと思いまして・・・・

ぜひともっ!という感じです。

それがこちら↓

 

じゃ。また。

5インチシザーが欲しい方へ

2015 年 10 月 28 日 水曜日

小さい手とハサミ

こんにちは

京都はさみ職人です。

最近やっと赤ちゃんがかわいいと感じることができるようになってきました。

その前は・・・

正直、動物っぽくて、あまり関心がなかったです。

男なんて、そんなものですよ!

さ、

て、

5インチのハサミが欲しいんですけど、どこがいいですか?

っていう質問があったとします。

あまり言いたくはないんですが、、

それを黙っているのもどうかと思うし、、

ハサミを販売している立場なんだけど、、

勇気を出して、、、

正直に言いますと、、、

「なんでもOK!」

です。

あぁぁ、言ってしまった!

7インチくらいの大きいハサミだと、

作りの良し悪しなどで、切れる切れないがはっきりしています。

しかし、

5インチくらい短いハサミだと、大半はよく切れるんです。

残念なほど・・・(^_^;)

昔の美容師さんで、30年くらい研いだことのないハサミとか、、全て小さいハサミです。

もちろん、よく切れる、よく切れないといった繊細なレベルでは違いがありますが、

その違いが分からない美容師さんも多いですね。

なんだかんだ言って、切れるというのが5インチのハサミです。

では、

選ぶときどんなことを気にすればいいか?

私なら、

1.鋼材

ぶっちゃけ、いい加減な作りでもある程度切れてしまうのが5インチです。

なので作りより鋼材を重視します。

やはり永切れするコバルト系がいいと思います。

2.重さ

持った感覚ということになると思います。

好みですね。

3.作り

あまり作りに差が出にくいですが、どうせならいい加減に作ったというよりは、心を込めて作られているんだ・・・と感じられるようなハサミならとてもいいですね。

その他

5インチのハサミって、小さすぎて時間がかかるというデメリットがあります。

しかし、

細かくコツコツとカットができるので、自分の思いの通りに細かい仕事がし易いんじゃないでしょうか?

5インチのハサミを使う方は、職人肌のこだわり美容師さんが多い気がします。

じゃ。

また!

刈り込み鋏選び3(鋼材)

2015 年 3 月 23 日 月曜日

こんにちは。

京都はさみ職人オオタトシカズです。

理美容のハサミって、

スゴイ硬いんですけど、

どのくらい硬いか知ってます~?

鉄を切れるくらい硬いです。

うちの近所にホームセンターコーナン亀岡大井店があります。

だからどうした?って話ですが(笑)

そこに行くと、電気工具の棚付近に「鉄に穴をあけるドリル」があります。

このドリルを手にとって材料を見ると、ハイス鋼とあります。

このハイス鋼と同等もしくはそれ以上硬いのが、ハサミの材料です。

今回は「カットシザー選び 鋼材(こうざい)編」です。

鋼の材料ということで、鋼材(こうざい)と呼びます。

つまり、

理美容のハサミって、か・な・り 硬いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 鋼材の種類

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハサミの鋼材にはいろいろありますが、大きく分けて4種類です。

誤解を恐れず、わかりやすさを優先させ、

軽く歴史を振り返ってみます。

古い順番に、

1.鋼。

かなりベテランの方が持っているハサミです。
「おばあちゃんが、これはいいハサミだと言われて買ったハサミだから、あなたも使えるわよ」
というハサミですね。
今は売られていないと思います。

2.ステンレス鋼

SUS・・・
440・・
とか表示されているものです。

昔の鋼というのは、すぐ錆びました。
ほんと、すぐ錆びたようで、放っておいたら2.3日で錆びたそうです。
ハサミにとって、サビは大敵です。
錆びたら使い物になりません。

ステンレスというのは、錆びないという意味です。
当時は、錆びないというだけで、すごく良いハサミでした。

とはいえ、水にずっと漬けていれば、錆びます。

3.コバルト系ステンレス鋼

・○○コバルト
・コバルト○○
・V金10○
・A○○
・粉末○○
・スーパー○○
・微粒子○○
・パウダー○○

いろいろあります。

現在のメインの材料です。コバルトが混ざったステンレス鋼です。

コバルトや他のいろいろな鉱物の合金ですね。

ステンレス鋼も合金ですが、コバルトが入っていることで、永切れするようになったと感じます。

実際永切れもすると思います

4.ステライト

・○コバルト
・コバルト
・ステライト

3のコバルト系ステンレスと混同しやすいです。

その特徴は、「コバルトが100%」とか「コバルトが50%以上とか」「さびない」「磁石につかない」「非磁性」とか
です。

この材料は、最高にいいものだ!と誇大宣伝するところがありましたが、一概には言えません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ で、どれがいいのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.鋼

これがいい!と言っても、今製造しているハサミはないと思います。
恐らく問屋さんの倉庫にもないと思います。
運が良ければ、おじいちゃん、おばあちゃんが持っていると思います。

特徴は、
切れ味としては、すごくいいです!

研ぎたてのいい状態でしたら、とてもいいハサミかと思います。

ただし、すぐ切れなくなります。
包丁などには、良い材料だとは思いますが、ハサミには不向きかと思います。

2.ステンレス

この材料のハサミも少ないです。

アジア周辺国(例えば中国製など)は、この材料です。

また、30年以上前からあるハサミもこの可能性が高いです。

コバルト系に比べると、切れなくなるのが早いです。
とはいえ、鋼と比べると格段に永切れします。

柔らかめが多いので、ドライの硬い毛には不向きです。

比較的安いハサミがコレです。

もし、安いことがいいとしたら、いい鋼材です。

3.コバルト系

現代のハサミのメインです。
恐らく9割はこの材料です。

「ステンレス」のように錆びません。
「ステンレス」より、永切れします。

各社各用に細かくいろいろな名前が付いています。

違いもそれぞれ微妙に違うと思います。

   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑これポイントです。

ハサミとしての違いは、ホント微妙なんです。

一時期流行った、積層の模様があるのもコレです。

金色にメッキしてあるのも、剥がしてみるとこれのことが多いです。

いいか、わるいかというと、いいと思います。

というか、

大きなくくりで言うと、みんなコレですと言っても、いいと思います。

4.ステライト

切った感じがコツコツ・・・・と切れます。

ただ、これも厳密に言うとそんな感じがする気がしないでもないけど・・・
という世界です。

どちらかというと、永切れが得意な鋼材です。

“ハサミにうるさいハサミ屋さん” が、ステライトだから良いハサミというひとがいます。

そう単純な話でもないと思います。

この材料は研ぐのが難しいとされています。

永切れが得意なタイプですが、下手くそな研ぎだとすぐきれなくなります。

上手に研いでくれるひとがいれば、この鋼材は選んでもいいと思いますが、そうでない場合は避けたほうが無難です。

上手な方が研いだとして、

3のコバルト系と比べて、少し切れ味が甘めで、少し永切れします。

刈り込み鋏選び2(ハンドル)

2015 年 3 月 20 日 金曜日

こんにちは。

京都はさみ職人オオタトシカズです。

もしあなたが、

男なら

かわいい彼女よりも多くの時間を過ごすことになるのが、

ハサミです。

(同じお店の彼女と付き合っている場合を除く(笑))

ほかに、
いいなあと思う女性がいて、
ベットでイチャイチャして、それがバレると彼女に怒られますね。

その点ハサミは、
複数の相手と
ベットで、手当たり次第、あんなこと、こんなことをしても大丈夫です(笑)

ベットでなくても、
まっ昼間の、お店のなかでも大丈夫なんです!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ハンドル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

念のため確認です。

ハンドルって、手でもつところです。

柄(え)とも言います。

では、

始めます。

え~ですか?

(^^)v

笑顔になってしまったあなた。

一生、アナタについて行きます(笑)

笑顔にならなかった方。

~大きく息を吸ってぇ。。。。吐いて~

広い、大きな心で見守ってください。

m(__)m

さて
ハンドルですが、理容師さんが選ぶハンドルは、オフセット1種類しかありません。

ですが、
僕には2種類に感じます。

その2種類とは、
「下駄のはいたもの」と
「下駄をはいていないハンドル」です。

わかりにくいですかね。

平たく、わかりやすく言うと親指と薬指の距離です。

 

では、この写真をみてください。

あるはさみ職人が、その雰囲気を写真にしようとして撮った一枚です(笑)

ハサミたくさん

下駄を履いているハンドルは、一番左のハサミです。
親指と薬指の距離が広いハンドルです。

左から2番めのハンドルは、下駄をはいていないハンドルです。
距離が短いです。

これはどちらがいい、わるいというのはありません。

使っていてしっくりくる、こないの違いかと思います。

 

刈り込み鋏選び1(長さ)

2015 年 3 月 20 日 金曜日

こんにちは。

京都はさみ職人オオタトシカズです。

普段はハサミの研ぎをしております。

いろんなメーカーのハサミを見ております。

多くの理容師さんとハサミに対するコダワリのお話を伺う機会に恵まれました。

ハサミ選びとしては、

ご自分の感覚や先輩の教えを大事にされる方も多いと思います。

一人のはさみ職人としての立場から、いい悪いというのではなく、
そういう見方もあるんだ。ということで読んで頂けるとうれしいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■刈り込み鋏 (長さ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理容向けで刈り込み鋏としては、
使われるハサミには6.5インチ~7.0インチが一般的です。

7.5インチでも8インチでもいいと思います。
6インチでもいいと思いますが、5インチはさすがに厳しいですね(笑)

一般的には、
手の大きさで選ぶことが多いかもしれません。

大きい手の方は、7インチ。
小さい手の方は、6.5インチといった具合です。

ただ、
僕の意見としては、
「手の大きさはあまり関係ない」と思っています。

それは、185センチくらいある大きい男性が小さいハサミを使っていたり、
華奢で小柄な女性が7インチのハサミをメインにしていることもあるからです。

お話を聞くと、
「この大きさが手に合う」ということでした。

結局慣れてしまえば、それほど気にならないことなのかもしれません。

とはいえ、
それだと、よくわからないので、それぞれの特徴をまとめます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 7.5インチ vs 6インチ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わかりやすいように、あえて極端にしました。

長いハサミ代表の7.5インチ。
短いハサミ代表の6インチ。

————————————————————–

7.5インチのいいところは、

○一度にたくさんの毛をつかむことができる。

そのため、面をそろえて作りやすいです。
きっちりとしたスタイルを作るには、大きくてよく切れるハサミが便利です。

多くの毛を切ることができるので、仕事が早いです。

————————————————————–

6インチのいいところは、

○小回りがききます。

面をそろえて作るは、不向きですが、
柔らかいスタイルを作るには、便利です。

“毛束感”をつくろうとするとすると、小ぶりの方が動かしく便利です。

多くの毛を切ることができませんが、
その分切った感じが優しく切れます。

もし、「優しく柔らかく毛を切りたい」と思い出したら、短いハサミはオススメです。

————————————————————–

話を元に戻しましょう。

長いハサミは、面をつくるのにいいです。ただ優しく切るのは難しいです。

短いハサミは、小技を活かしたカット向きです。ただ時間は遅くなります。

あとは、そのサロンの状況によって変わってくると思います。

1000円カットで働くなら、大きめのハサミがいいと思います。
しかし、切った感じが硬いので、優しく切りたいと思ったら、短めのがいいですね。

ユニセックスの若者向きサロンなら、短めがいいですね。
きっちりとしたスタイルをつくると、彼女から「ちがう」とか言われてしまって、
ふられてしまうかもしれません。

美容師さんのセニング選び2(カット率)

2015 年 3 月 19 日 木曜日

こんにちは。

京都はさみ職人オオタトシカズです。

今回はセニング選びのポイント②を説明します。

もし、アナタがイケメン美容師なら、

セニングは彼女みたいなものなんです。

「???」と思ってしまった、アーナータ~!!

最後にその説明をしますね(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ カット率

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カット率とは、%(パーセント)で表します。

例えば、100本の毛をセニングで切った時、20本切れればこのセニングはカット
率20%です。

10本切れれば、カット率10%ですね。

では、100本のうち、23本切れたら、どうでしょう?

23%なのでしょうか?

正確には、23%です。

が、

しかしっ!

実際に23%のセニングは、こんな感じで表現をします。

ふつうは、

カット率23%でも・・
・カット率20%とか、
・カット率25%とか
・カット率20~25%とか、
・カット率20~30%とか。

また、また、ひどくなってくると、

・カット率15%とか、
・カット率30%とか
・カット率35%というのもあります。
・カット率40%というのがあっても、驚きません。

またまた、
・ウエットで30%、ドライで20%
・縦に入れると10%で、横だと20%

・・・・

正直に言います。

アバウトです。

それは、使い方によって違うものだし、正確に測ることができないからです。

感覚の世界なんです。

もしも、

僕が美容師のふりをして

セニングが欲しいなぁと買おうとしたとき、

ハサミやさんが言うカット率はあまり信用しません。

それは実際に切ってみないと、わからないものだからです。

以前にこんなことがありました。

サロン2年目のかわいい女性が

「これ、20%だってディーラーさんが言って買ったんですけど、

もっと切れる気がします。本当は何%なんですかね?」

と聞かれたことがありました。

このセニング、

バッチリラインが出て、

半分近く毛が落ちました。

僕の感覚では、カット率45%です(笑)

これは営業さんが無知だということもなくはないのかもしれません。

 ・・???・・

  変にオブラートに包み過ぎました。

この営業さんは、勉強不足!無知!

ですが、

セニングのカット率とはそういうものなのです。

もし、そういうことが嫌なら、

信頼できる鋏に詳しいハサミやさんと仲良くしておくといいですね。

そういった方なら
「メーカーは30%ということですが、私の感覚では20%です」とか

「あなたのこのセニングが20%だとしたら、このセニングはもう少し取れるので25%ですよ」とか

「カット率が少ないとラインが出なくて失敗が少ないのでいいですが、仕事が遅くなりますよ。」とか

そんなアドバイスを貰えると思います。

ハサミ選びに戻ります。

いくらアバウトとはいえ、ある程度の目安があります。

分けてみると

・カット率 10%ぐらい
・カット率 20~30%ぐらい
・カット率 50%以上

です。

用途に合わせて、この3種類のカット率のセニングを使う方も多いです。

しかし、はじめの1丁を選ぶとすれば、

●20~30%のものを選ぶといいです。

その理由は、

1.セニングのラインが出にくいから

 カット率が高いほどラインはでやすいものです。

2.仕事が遅くなり過ぎないから。

 カット率が低いとラインは出ないものですが、低すぎた場合何回もセニングを入れるため時間がかかります。

—(ハサミ選びで迷ったら)————————–

 まずは、カット率 20~30%ぐらいがいいよ。

——————————————————

最後にひとつ「付け足し」です。

セニングで大事なこと。

 ◎ヌケ

です。

セニングを入れて、ひっかかることがあります。

これは、単純に切れないからという理由もあります。

そして、使い方もあるのかもしれません。

しかし、新品や研ぎたてなのに・・・という時は、刃付け。

●切れ味重視でヌケについてはあまり考えていない刃付け

 と

●ヌケの良さを考えた刃付け

があります。

刃付け次第です。

いくらヌケのいいという鋏でも、ヌケを悪くすることもできます。

またその反対も可能です。

このヌケに関しては、ハサミ選びというよりは、

ハサミ屋さん選びや研ぎ師さん選びになりそうですね。

もうひとつ

これはちょっとしたほか業者の営業妨害をしますが(笑)

あまり安いものを選ばないほうがいいです。

よく切れないと、枝毛製造機になるからです。

あの美容室に行くとなぜか、パサついて、枝毛がデキて、、、なんて言われたらつらいですから・・・

—(ハサミ選びで迷ったら)————————–

 まずは、ハサミ屋さん選びや研ぎ師さん選びだね。

——————————————————

では、あなたの素晴らしい美容師人生をお祈りして・・・。

おわり