‘カットシザー’ カテゴリーのアーカイブ

ハサミの長さで選ぶ・・・

2016 年 11 月 5 日 土曜日

外は青空がきれいで、

街路樹の紅葉が始まりました。

イチョウはきれいな黄色で、

名前のわからない木の葉っぱは赤くなっていました!

1

こんにちは

オオタです。

趣味は、栗拾いです(笑)

さ、

て、

ハサミの長さは何インチがいいのでしょうか?

どんなカットをするか?がポイントになります。

それは、

オールマイティーで使うハサミというのでもいいですし、

〇〇専用・・・

例えば、スライドカット専用とかでもいいです。

更には、もっと限定的でもいいです。

例えば、スライドカットでも、上から下に、大きくスライドさせるのに合っているハサミというのでもいいです。

オールマイティに使えるハサミは、オールマイティに使いやすいと思います。

しかし、

スライドカットをしようとすると、スライドカット専用のハサミの方が使いやすいということになります。

だからって、オールマイティのハサミでスライドカットができないというわけではないです。

もし、

「俺はスライドカットの鬼だ!

スライドカットして、個性が発揮される!

スライドカットはだれにも負けない。」

というスタイリストさんがいたとします。

たぶん、

この方の使うハサミは、オールマイティのハサミではなくて、

スライドカット専用のハサミかと思います。

よりいい仕事をしようとするなら、当たり前ですが、専用のハサミの方が使いやすいです。

そうやって、

どんどんハサミが増えていくのかもしれませんね。(笑)

とはいえ、

いいハサミと出会ったら、、、

それだけで、技術者として人生、、、楽しく仕事ができそうです。

ちなみに、

私の場合、、、

実は砥石にも大きさがいろいろあります。

(小さいものより、大きいものが高価です)

で、

始め

ケチって、小さいものを買ってしまったことがあります。

「おお!いい感じに研げる!」

ですが、

手に馴染まないわけです。

感覚としては、自分の力を100%発揮できていない・・・・80%くらいか?・・・そんな感じです。

これって、

仕事を楽しくしようとしてないんだと思いました。

で、

大きい砥石を買ったことがあります。
(ダイヤモンド砥石の中でも特殊なタイプなので、意外と高価です)

で、

これがいい感じ!!なんです。

いい感じすぎて、、、砥石と一体化してしまうくらいです(笑)

まあ・・・うまくお伝えできないですが、そんな感じです。

じゃ。また!

 

私が美容師なら、5.5インチのメガネを選ぶと思う。

2015 年 12 月 4 日 金曜日

「神様!

こんなにかわいい猿にしてくれてありがとう。

モテモテすぎて、ヒーヒーよ!」

 

こんにちは

オオタです。

もしサルに生まれ変わるなら、ゴリラがいいです。

黒光りしていて、強そうだから。

ニホンザルに生まれるなら、かわいいサルがいいですね。

オスどもを惑わさせる、魔性サルがいいですかね(笑)

さ、

て、

こんな鋏を造りました。

5.5インチのメガネのハサミです。

私のお客様にはいろいろな方がいらっしゃいますが、

わざわざハサミを送ってまで研いでもらいたいと思っている方とか、、、

わざわざインターネットで、いろいろ検索してよりよいハサミを探している方とか・・・

そんな方が多いです。

より勉強熱心で、向上心の高い方だと思います。

美容師さんに限定すると、

こだわりが強い方って、小さめのハサミが多い気がしてます。

(私のなかの感覚だけの世界ですが、)

で、

そんな方にお話を伺うと、

「ハサミと一体化したときが、気持ちいい」

そうです。

この気持ち良いというのは、思い通りに切れてくれるから、気持ちよく切れるということらしいです。

で、

まあ、

そんなハサミが作れて、

美容師さんに使ってもらえて、

楽しく仕事をしてくれたら、

それが自分にとってもいい仕事だと思いまして・・・・

ぜひともっ!という感じです。

それがこちら↓

 

じゃ。また。

5インチシザーが欲しい方へ

2015 年 10 月 28 日 水曜日

小さい手とハサミ

こんにちは

京都はさみ職人です。

最近やっと赤ちゃんがかわいいと感じることができるようになってきました。

その前は・・・

正直、動物っぽくて、あまり関心がなかったです。

男なんて、そんなものですよ!

さ、

て、

5インチのハサミが欲しいんですけど、どこがいいですか?

っていう質問があったとします。

あまり言いたくはないんですが、、

それを黙っているのもどうかと思うし、、

ハサミを販売している立場なんだけど、、

勇気を出して、、、

正直に言いますと、、、

「なんでもOK!」

です。

あぁぁ、言ってしまった!

7インチくらいの大きいハサミだと、

作りの良し悪しなどで、切れる切れないがはっきりしています。

しかし、

5インチくらい短いハサミだと、大半はよく切れるんです。

残念なほど・・・(^_^;)

昔の美容師さんで、30年くらい研いだことのないハサミとか、、全て小さいハサミです。

もちろん、よく切れる、よく切れないといった繊細なレベルでは違いがありますが、

その違いが分からない美容師さんも多いですね。

なんだかんだ言って、切れるというのが5インチのハサミです。

では、

選ぶときどんなことを気にすればいいか?

私なら、

1.鋼材

ぶっちゃけ、いい加減な作りでもある程度切れてしまうのが5インチです。

なので作りより鋼材を重視します。

やはり永切れするコバルト系がいいと思います。

2.重さ

持った感覚ということになると思います。

好みですね。

3.作り

あまり作りに差が出にくいですが、どうせならいい加減に作ったというよりは、心を込めて作られているんだ・・・と感じられるようなハサミならとてもいいですね。

その他

5インチのハサミって、小さすぎて時間がかかるというデメリットがあります。

しかし、

細かくコツコツとカットができるので、自分の思いの通りに細かい仕事がし易いんじゃないでしょうか?

5インチのハサミを使う方は、職人肌のこだわり美容師さんが多い気がします。

じゃ。

また!

美容師さんのカットシザー選び3(鋼材)

2015 年 3 月 18 日 水曜日

こんにちは。

京都はさみ職人オオタトシカズです。

理美容のハサミって、

スゴイ硬いんですけど、

どのくらい硬いか知ってます~?

鉄を切れるくらい硬いです。

うちの近所にホームセンターコーナン亀岡大井店があります。

だからどうした?って話ですが(笑)

そこに行くと、電気工具の棚付近に「鉄に穴をあけるドリル」があります。

このドリルを手にとって材料を見ると、ハイス鋼とあります。

このハイス鋼と同等もしくはそれ以上硬いのが、ハサミの材料です。

今回は「カットシザー選び 鋼材(こうざい)編」です。

鋼の材料ということで、鋼材(こうざい)と呼びます。

つまり、

理美容のハサミって、か・な・り 硬いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 鋼材の種類

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハサミの鋼材にはいろいろありますが、大きく分けて4種類です。

誤解を恐れず、わかりやすさを優先させ、

軽く歴史を振り返ってみます。

古い順番に、

1.鋼。

かなりベテランの方が持っているハサミです。
「おばあちゃんが、これはいいハサミだと言われて買ったハサミだから、あなたも使えるわよ」
というハサミですね。
今は売られていないと思います。

2.ステンレス鋼

SUS・・・
440・・
とか表示されているものです。

昔の鋼というのは、すぐ錆びました。
ほんと、すぐ錆びたようで、放っておいたら2.3日で錆びたそうです。
ハサミにとって、サビは大敵です。
錆びたら使い物になりません。

ステンレスというのは、錆びないという意味です。
当時は、錆びないというだけで、すごく良いハサミでした。

とはいえ、水にずっと漬けていれば、錆びます。

3.コバルト系ステンレス鋼

・○○コバルト
・コバルト○○
・V金10○
・A○○
・粉末○○
・スーパー○○
・微粒子○○
・パウダー○○

いろいろあります。

現在のメインの材料です。コバルトが混ざったステンレス鋼です。

コバルトや他のいろいろな鉱物の合金ですね。

ステンレス鋼も合金ですが、コバルトが入っていることで、永切れするようになったと感じます。

実際永切れもすると思います

4.ステライト

・○コバルト
・コバルト
・ステライト

3のコバルト系ステンレスと混同しやすいです。

その特徴は、「コバルトが100%」とか「コバルトが50%以上とか」「さびない」「磁石につかない」「非磁性」とか
です。

この材料は、最高にいいものだ!と誇大宣伝するところがありましたが、一概には言えません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ で、どれがいいのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.鋼

これがいい!と言っても、今製造しているハサミはないと思います。
恐らく問屋さんの倉庫にもないと思います。
運が良ければ、おじいちゃん、おばあちゃんが持っていると思います。

特徴は、
切れ味としては、すごくいいです!

研ぎたてのいい状態でしたら、とてもいいハサミかと思います。

ただし、すぐ切れなくなります。
包丁などには、良い材料だとは思いますが、ハサミには不向きかと思います。

2.ステンレス

この材料のハサミも少ないです。

アジア周辺国(例えば中国製など)は、この材料です。

また、30年以上前からあるハサミもこの可能性が高いです。

コバルト系に比べると、切れなくなるのが早いです。
とはいえ、鋼と比べると格段に永切れします。

柔らかめが多いので、ドライの硬い毛には不向きです。

比較的安いハサミがコレです。

もし、安いことがいいとしたら、いい鋼材です。

3.コバルト系

現代のハサミのメインです。
恐らく9割はこの材料です。

「ステンレス」のように錆びません。
「ステンレス」より、永切れします。

各社各用に細かくいろいろな名前が付いています。

違いもそれぞれ微妙に違うと思います。

   ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑これポイントです。

ハサミとしての違いは、ホント微妙なんです。

一時期流行った、積層の模様があるのもコレです。

金色にメッキしてあるのも、剥がしてみるとこれのことが多いです。

いいか、わるいかというと、いいと思います。

というか、

大きなくくりで言うと、みんなコレですと言っても、いいと思います。

4.ステライト

切った感じがコツコツ・・・・と切れます。

ただ、これも厳密に言うとそんな感じがする気がしないでもないけど・・・
という世界です。

どちらかというと、永切れが得意な鋼材です。

“ハサミにうるさいハサミ屋さん” が、ステライトだから良いハサミというひとがいます。

そう単純な話でもないと思います。

この材料は研ぐのが難しいとされています。

永切れが得意なタイプですが、下手くそな研ぎだとすぐきれなくなります。

上手に研いでくれるひとがいれば、この鋼材は選んでもいいと思いますが、そうでない場合は避けたほうが無難です。

上手な方が研いだとして、

3のコバルト系と比べて、少し切れ味が甘めで、少し永切れします。

美容師さんのカットシザー選び2(ハンドル)

2015 年 3 月 18 日 水曜日

こんにちは。

京都はさみ職人オオタトシカズです。

もしあなたが、

かわいい女子なら

かっこいいカレよりも多くの時間を過ごすことになるのが、

ハサミです。

もしかしたら、かっこいいカレは、

浮気をするかもしれません。

その点、

ハサミは、

美容師を続けていく限り、

あなたの良きパートナーで、

かけがえのない相方になるはずです。

よいハサミ選びのきっかけになれば、うれしいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ ハンドル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

念のため確認です。

ハンドルって、手でもつところです。

柄(え)とも言います。

では、

始めます。

 え~ですか?

    (^^)v 

笑顔になってしまったあなた。

一生、アナタについて行きます(笑)

笑顔にならなかった方。

  ~大きく息を吸ってぇ。。。。吐いて~

広い、大きな心で見守ってください。

     m(__)m

さて、

ハンドルの細かい違いはありますが、大きく2つに分けることができます。

それは、オフセットとメガネ。

母指穴と薬指穴がずれているのが、オフセット。

並んでいて、ひっくり返しても同じ並びがメガネ。

(写真はこちら)http://www.1hasami.com/glossary/glossary-img/handle.jpg

では、ハサミのハンドル選びです。

まず、お店の先輩に聞いてください。

「オフセットとメガネどちらを選べばいいですか?」

(先輩が「みんなメガネだよ」と言われた場合)

サロンとしてメガネをすすめている場合、オフセットの選択はないですね。

教えていただく、先輩の顔を立てましょう!

もし、「いやいや、オレ、メガネ嫌っス!!!」と言ってしまうと、
これから教えてあげようという先輩の心が折れてしまうので、注意しましょう。

「オフセットとメガネどちらを選べばいいですか?」

(「みんなメガネだよ」と言われなかった場合)

つまり「どっちでもいい」場合。です。

どちらでもいいとのことなので、好きな方を選びましょう。

その特徴ですが、

・オフセットの特徴

○持ちやすい。
○開閉しやすい。
○安定させやすい。
○いろいろなハンドルのデザインがある。
△オフセットで慣れると、メガネは違和感を感じやすい。

持ちやすいというのは、魅力的です。

・メガネの大きな特徴

○自由度が高い。

このひとことに尽きます。

その他については、オフセットの逆です。
△持ちにくい
△安定して開閉させるのが難しい
△安定させにくい
△いろいろなハンドルはない。
○メガネで慣れると、オフセットでもイケる!

自由度が高いということは、いろいろなカット技法に対応しやすいという意味です。

例えば、
上から下にスライドさせて・・・
手首を返して刻みながらラウンドさせて・・・
みたいな、他人からはワケの分からないような自由なカットはしやすい
です。

だれかが言っていましたが、有名美容師さんは、メガネ率が高いようです。

黙々と練習するようなタイプのかたは、メガネが多い印象があります。

一般的にメガネは安定させて持てるまで、時間がかかると言われています。

確かにそう言う面はあると思います。

しかし、そんな言うほど、持ちにくいということはないと言う方もいます。

慣れるまで、オフセットよりはちょっと時間がかかってしまうぐらいに考えて
いいと思います。

では、結論です。

—(ハサミ選びのハンドルを選ぶときは)————————–

 「うちはメガネ」と言われたら、メガネ。

 自分はカット一本で生きていく!
 カットを楽しみたい!と思っていらっしゃる方は、

 メガネがいいと思います。

 カットも大事だけど自分の人間性を含めた人間力で勝負だ!
 というかたは、

 オフセットもいいと思います。

——————————————————

そうそう。

まだ、一番大切なことをお伝えしていませんでした。

●一番大切なのは、

—(ハサミ選びで迷ったら)————————–

 手にとってみて、いいかんじがするかどうか?です。

——————————————————

はじめは、あまりわからないかもしれません。

それでも、

仕事の大事なパートナーです。

ぜひ、

一度手にとってみて、選んであげてください。

あなたの素晴らしい美容師人生をお祈りして・・・。

(おわり)

美容師さんのカットシザー選び1(長さ)

2015 年 3 月 18 日 水曜日

こんにちは。

京都はさみ職人オオタトシカズです。

もし美容師さんなら、

大好きな恋人よりも

多くの時間を過ごすことになるのが、ハサミです。

美容師を続けていく限り、

あなたの良きパートナーで、かけがえのない道具です。

よいハサミ選びのきっかけになれば、うれしいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ベースカット

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いざハサミが必要になった時、

 いろいろなメーカーがあって、、、、

 その中にも種類もたくさんあって、、、

 どうすれば、いいんだ?

そんなご質問をお持ちのかたもいらっしゃると思います。

何をポイントに選べばいいのでしょうか。

ベースカット用のハサミ選びのポイントは細かく言えば、

刃の形やネジの種類など違いはたくさんあります。

しかし、その基本はズバリ!2つ!

 ・サイズ
   ̄ ̄ ̄

 ・ハンドル
   ̄ ̄ ̄ ̄
です。

まずは、この2つだけです。

今回はベースカット編①として、サイズについてです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ サイズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理美容で使われるハサミの大きさは、インチ(inch)で表します。

 1インチ=2.54センチ です。

なぜ、センチでなくインチ表示なのでしょう。

恐らく

ヨーロッパの技術をお手本に発展して、

特にイギリスの影響を強く受けているからです。

有名なヴィダル・サスーンさんもイギリス人ですしね。

一般的に5インチから、0.5インチごとに7インチまであります。

つまり、5.0 5.5 6.0 6.5 7.0 の5種類と考えてください。

まれに4.5インチや8.0インチもあります。

たまに、5.8インチとか、6.25インチなどもあります。

特殊なので無視です(笑)

ちなみに、

僕が美容師さんからハサミの研ぎの依頼を受ける割合は、こんな感じです。

——————なんちゃって棒グラフ————

 5.0インチ 5%  ■
 5.5インチ 25% ■■■■■
 6.0インチ 50% ■■■■■■■■■■
 6.5インチ 15% ■■■
 7.0インチ 5%  ■

—————————————————

なんで6インチが多いのでしょうか?

読んでいくうちに、

だんだん・・・その意味がわかってくるはず。

先輩美容師さんにどうやってサイズを決めているのか?を聞くと、

「うちは、お客さんが●●中心で、●●インチだと使いやすいから」
こんな答えが多いです。

選ぶときのポイントは、

 ☆—————————————————————-

  どんなお客さんが多くて、どんなカットをよくやるか?

 —————————————————————-☆

例えば、

ある女性美容師さんは、

「うちは、年齢の上のほうの女性ばっかりです。」と言っていました。

こういった場合は、5インチ!です。

短めのハサミがいいです。

また、

「オレ、メンズ多いっす!美容室なのに、床屋か?ってくらい。」

こんな方には、長めのハサミがいいです。

7インチのハサミを使っていました。

そうです。

女性客には短いハサミ。

男性客には長いハサミ。

女性向けのカットには、取り回しがしやすく、手にすっぽりと収まるようなハサ
ミが好まれます。

長いと

「手からはみ出る」とか、
「ブレる」とか、、
「暴れる」とか(笑)

嫌がるかたがいらっしゃいました。

これがデメリットですね。

逆に男性客向けのカットは、
刈り上げなどが多くなるため、長めが多いです。

「小さくてもいいけど、時間がかかってしょうがない」そうです。

ということで、先ほどの、当店のハサミ割合。

——————なんちゃって棒グラフ————

 5.0インチ 5%  ■
 5.5インチ 25% ■■■■■
 6.0インチ 50% ■■■■■■■■■■
 6.5インチ 15% ■■■
 7.0インチ 5%  ■

—————————————————

5インチは、極端に短いんです。
7インチは、極端に長いんです。
そのため少ないです。

6インチが多いのは、メンズも、レディースも両方イケるからです。

次に5.5インチが多いですが、これは他に刈り上げ専用ハサミを使っているから
です。

レディースには5.5インチ。メンズには刈り上げハサミといった使い分けをして
いるかたです。

ということで、

—(ハサミ選びで迷ったら)————————–

 ・女性比率が高い場合、5.5インチ

 ・男性比率が高いなら、6.5インチ

 ・普通なら、両方対応できる6インチ

 ・メインとは別に刈り上げ用(6.5~7.0インチ)があってもいいです。

—————————————————–

では、また。

あなたの素晴らしい美容師人生をお祈りして・・・。

(おわり)