専門店で鍛えた研ぎへの想いをすべてハサミに

5つの安心サポート

  1. 細部にまでこだわった手作り
  2. 使用してもしなくても返品保証
  3. 使いやすさにこだわって無料点検
  4. あなた仕様へ!改造加工
  5. あなた専用、フルカスタムオリジナルシザー

カットシザーをさがす

  • ハンドル
  • 大きさ
  • 刃の形状
  • 切れ味
  • 持った感じ
  • カット別
  • 材質

セニングをさがす

  • ハンドル
  • カット率
  • カット

Scissor craftsmen's diary

自己紹介2

自己紹介2

はさみ職人として具体的にどんな仕事をしているんですか?

その前にオオタサン?って - - - → これ押して

人間的な自己紹介はこちらです。

ここからは、 より具体的に 理美容のハサミを 仕事に使っている方に お話しします。

つっこむ

#お話って、書いているんでしょ! #いやいや、書いているんじゃなくてキーボード打ってるしょ!

今回はハサミの刃付けについて。

「ところで、オオタさん、どんな研ぎするの?」 と 森七菜に似ている美容師さんで 顏の割にディープなハサミの世界を求めている女子から 質問されたとします。

つっこむ

#前置き長すぎな

そもそも 私はハサミの研ぎ専門店としてのスタートでした。

なので、 こだわりは プロ級です。 っってプロなんですけど(笑)

一番のこだわりは、

普通です。

??と思うかもしれませんね

変なことや特別なことはしません。 しない方がいいと思っています。

 

料理なら、素材のおいしさで勝負したいと思っています。

はさみなので、そのハサミの本来の良さを引き出すことが仕事だと思っています。

 

長く仕事をしていると、

「なんか研ぎに出したら、 ハサミがおかしくなってきたんだけど、見てくれない?」

というハサミに出会うことがあります。

そういったハサミをみると

明らかに、

おかしいです。

悪い意味での「オレ流」になっています。

例えば、

「(頼んでもいないのに力を強くしておきました

このときは開閉が不自然で、すぐ切れなくなっていました。

「この研ぎはオレにしかやらない。特別な方法だ!」

このときは見た目が傷だらけで、切れる切れない以前の問題でした。

でも、オオタさん、HPにダイヤモンド研磨とか、書いていますよね。

確かにダイヤモンド、書いています。

確かにダイヤモンドって高価だし、特殊なほうです。

ダイヤモンドって研ぐって、珍しいかもしれませんね。

ただ、研磨という大きい枠の中で言うとそれほど特殊でもないんです。

地球上で一番硬いものなので、硬さはダイヤが基準になっています。

むしろ、硬いもの(刃物とか。刃物の中でも理美容鋏はかなり硬いです)を磨こうとするとより硬い研磨剤が必要になるんです。

 

硬い方がよく切れるんです! (研磨剤は「よく研磨できる」と「よく切れる」と表現します。

(弱点は、高価なところです)

ハサミと同じで 切れがイマイチだと仕上がりもイマイチで よく切れるといい仕事ができます。

ちなみに

一般的な研磨剤は、

青棒(あおぼう)と呼ばれている緑の研磨剤です。

酸化クロムとか、アルミナとか、っていうやつです。

ダイヤよりもはるかに安いです。

コストパフォーマンスに優れているから、みんな使っていると思います。

良く拭き取っていない場合、緑の粉みたいなのが残っている場合があります。

この緑が研磨剤くずです。

 

じゃあ。 オオタサンも青棒にしちゃえば!

たしかに、値段のことを考えると使ってもいい気がします。

なぜ使わないか?

それはダイヤの方がスマートで、かっこいいからです(笑)

 

えー。そんな理由!?!

そうです。マジで・・・

だって、

ダイヤモンド砥石とダイヤモンドペースト

ですよ!

かっこいいじゃないですか。

もちろん、

研磨剤としては超一流です。

使いこなすのが難しいものを使いこなすというカッコよさもあります。

そして、使いこなしたら、それはそれはいい仕事をしてくれるのがいいです。

(なんせ、よく切れます)

 

逆にですよ。

 

「俺、青棒で研いでいるんですよ」

なんて、カッコ悪いじゃないですか。

もうしわけございません。

青棒製造者様ならびに関係各社様、大変もうしわけございません。

青棒もコストパフォーマンスに優れた研磨剤です。

その中でもいいものはすごくいいですし、そうでないものもありますが、素晴らしい研磨剤です。

ひとりのアホな鋏職人のひとりごととして、お見逃ししていただければ、、、お代官様お許しを

 

まあ、そんなもんです。

私はダイヤは理美容鋏の刃付けには最高だと思っています。 ただ、青棒もそれなりの使い方があります。 (ハンドルを磨くとかは◎ですね)

さて、長くなってしまいました。

長文をここまでお付き合いくださって、ありがとうございます。

 

肝心のハサミづくりについて、長くなりすぎたので、また次回に。

 

 

「職人日記」更新中!

実物を見たい方はこちら

実際にハサミを見てみたいという方は当店へご連絡ください。
以下の地域で、当店の姉妹店、代理店、協力店がございます。サンプルシザーなどを実際にチェック頂くことが可能です。

お客様の声

千葉県 柚木さん
千葉県 柚木さん

手に馴染みやすいのがいいよ。オレね。中学卒業してから30年以上、床屋やってきたんだけど、いいね。だいたいオオタさんの研ぎがいいから、信用しているけど、ハサミもほんといいよ。どういっていいのかわからないけど、切れなくならないね。
普通のハサミって「はい。切れません。」という時期がくるけど、それがなくて、「切れなくなってきているなぁ」くらいだね。
あと、ネジがいいね。無駄がないというか

埼玉県 トミーさん
埼玉県 トミーさん

いいね。
切れる切れないというか、そういう次元ではなくて、自分がイメージしたら、切れるという感じ。
バランスがいいんだろうね

千葉県 櫻井さん
千葉県 櫻井さん

自分、同じようなハサミをたくさん持っているんですけど、違いますね。パワーが違いますね
一日に何人もカットするんで、ハサミが切れないとほんと仕事にならないんですけど。
パワーがあって、なが切れするんですけど、何でですか?

お知らせ

2021年1月19日
NEW!自己紹介2
2021年1月1日
2021Happyニューシザー
2020年11月6日
ハサミ職人としてのこだわり2。
2020年11月5日
わたしがハサミに求めること。
2020年9月9日
使いたい役者

よくある質問