職人日記

返品になりました(泣)

こんにちはオオタです。

ただいま、2月某日お昼を食べた12:50。ちょっと眠いです。後ろ髪が伸びてきたので髪を切りたいです。最近忙しくて、切りに行くのを伸ばし伸ばしになっています。でも、気になってしまい集中できずにいます。こんなときは無理してでも切ったほうがいいんですかね。あぁ、ついでに温泉も行きたいです(笑)

さて、

前回、

始めは

ココロザシを持って

ハサミ作りを考えていたけど、

だんだん

ラインナップをそろえて

「売れそうだから、作る」みたいな

「まず、商売ありき」

みたいな感じに違和感がありました。

それは

それで

しょうがないことなのかもしれない

とも

思いました。

 

メーカーそんなところが多いじゃないですか!

 

そんなある日。

 

6.5インチが返品になりました。

 

「もう少し力がほしかった」とのことでした。

(パワー重視のハサミではないんだけどなあ)

 

そして、

数カ月後、

また同じように返品になりました。

 

6.5インチです。

連続です。

 

「もう少し力がほしかった」

とのことでした。

 

(パワー重視じゃないんだけどなあ。

説明をしておかないとだめだなあ)

 

原因は、軽量化したこと。

 

その分パワーがなくなったのです。

(当たり前なんですが)

 

じゃあ、

軽量化しなければ良い。

でも、

軽量化しなければ、

そもそもFLOW状態をつくるための「軽量化」ではなくなってしまいます。

 

そこに大きなギャップがありました。

とはいえ、、、、です。

 

6.5インチのハサミの使い方を考えたら、

当然です。

 

多少大味なカットになったとしても、

たくさんの毛量を一度に

パワフルに切りたいという使い方が多いという

ことが想像できました。

 

実は、

この軽量化して

手と一体化というコンセプトは、

こういう方に使ってほしいという

イメージが有りました。

 

それは

店長やオーナーさんクラスの

経験のある美容師さんで、

仕事ができてしまうから、

「店舗運営や経営」を

考えなくてはいけない立場の人です。

 

この人は

現場の仕事が好きで、

カットなんて、

仕事というよりは、

むしろ

趣味に近い感覚をもっている人。

カットは、

仕事ではなく、

息抜きだと感じてしまう人。

こういう人に

使ってもらいたい!

de。

そのハサミも

より具体的にあって、

これが、

5.5インチのメガネで、

重さが40g以下・・・。

もし

自分が

美容師さんなら、

これを使いたいという思うハサミがこれでした。

実際、
そんな感じで
働いている方で、
こんなハサミを使っている人が多かったというのもあります。

話は戻ります。

6.5インチのハサミが2回連続で返品になりました。

正直

ショックです。

それまで

僕のハサミ屋人生に返品というのは、殆どなかったからです。

もちろん

まったく

返品がなかったということはないです。

でも、

同じ6.5インチが連続で・・・・

これで
僕のやる気は
一気に下がりました!↓

ああ、

自分は

お客様の

役に立たないハサミを売っているのかもしれない。

ああ

世の中を不幸にしているのかもしれない。

 

もしかしたら、

今までのハサミは

返品になっていないだけで、

我慢して使っているのかもしれない。

 

ああ、

売れば、

売るほど、人を不幸にしているのかもしれない・・・・

 

大きく、

つまづきました。

 

(時間が経って)

 

とは
いえ、

心の傷も、

時間が解決してくれるものです。

 

それなりに

前向きになるときもありました。

 

しかし、

心の底に、

販売したら、

返品になるのかもしれない。

 

いいと思っているのは自分だけかもしれない。

そんな気持ちがありました。

 

その間も

何となく

ハサミは造りました。

 

たぶん・・・・

多少の不安を抱えていた気がします。

 

お客様仕様の

オリジナルのフルカスタムなどの依頼は、

自信をもっていました。

 

お客さまの言うとおりに

作ればよかったからです。

 

(苦悩は続く)

 

光が見えたのは、2018年12月でした。

1+
コメントする

コメント