職人日記

仕事。感

こんにちは。オオタです。

息子が受験合格したみたいです。浮かれてます(笑)

この本を読みました。

さらっとだけど。

いいことが書かれていたので、シェアします。

まえがきです。

「バスケがしたいです」

『スラムダンク』71話。

グレていた三井寿が、師となる安西先生に心からバスケがしたいと告白する。

感動的なシーンだ。

 

ふと思う。

僕は心から

心から「仕事がしたいです」と言えるのたろうか。

金のため、もしくは立場上、なんとなく働いているのではないだろうか。

僕は仕事について考えてみた。

そして気づいた。

仕事には、二つの種類がある。

一つは、金をもらうための仕事。

もう一つは、人生を楽しくするための仕事だ。

 

そう。仕事は、金のためだけにあるのではない。

だからこそ、どんなに金持ちになってもスティーブジョブスは働き続けた。

それはきっと彼にとっての仕事が、人生を楽しくする手段だったからだ。

 

人生を楽しくするための仕事。

ならば、どんなに時間や労力を費やしても、それは苦にはならない。

もっと上手く、楽しくたくさん働きたい。そう思うようになるはずだ。

そしてその仕事は、きっと多くの人を幸せにすることができる。

世界を変えることだって、できるかもしれない。

「バスケがしたいです」と心から願った三井寿。

彼が、その後の厳しい練習を乗り越え、チームを勝利に導いていったのと同じように。

 

大人になってからの、ほとんどの時間。

つまり生きているほとんどの時間、僕らは仕事をしている。

だとしたら、僕は金のためではなく、人生を楽しくするために仕事をしたいと思う。

心から「仕事がしたいです」と叫びたい。

 

そんな仕事を僕は「仕事」ではなく「仕事。」と呼びたい。

人生を楽しくするために働く。

それが「仕事。」だ。    川村元気「仕事。」集英社より

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

僕も「仕事。」を選びたい。

そして、「仕事。」をするひとに役に立ちたい。

できることなら、世界をそうしたい。

 

1+
コメントする

コメント

お気軽にコメントしてください

すべてご入力のうえ送信してください。メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。