職人日記

(二)6.5インチのブラント用とスライド用の違い

こんにちは。

オオタです。

高3の息子が受験に合格しました。

ヤツは浮かれてます。

今日は昼飯を食べて、学校に行きました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

さて、
そんな息子にカメラマンになってもらって、動画撮影しました。

タイトルの(二)は二人という意味の二です。

スライド用のハサミです。

スライド用というと、

一般的に6インチの笹刃が多いです。

というか、ほとんど6インチの笹刃です。

確かに
それもいいと思います。

が、
もっといいものがあると思っています。

それが、
6.5インチの柳刃(普通の刃)です。
これのスライド仕様の刃付けです。

笹刃って
毛が逃げすぎて
不自由を感じたりしませんか。

毛が逃げすぎるから
左手で毛をつかむようにしているという人もいると思います。

また、
それほど毛は逃げないけど、
切断面が白くなる。
切れ毛っぽくなる。
ということもあるかもしれません。

de。

僕がいいなあと思う6.5インチのスライド刃付けだと、

毛が逃げすぎないから、ポイントを絞りやすい。

スライド刃付けだから、毛はひっかからない。

引っかかりにくいから、ストロークもできる。
(6.5はちょっと重いかも)

です。


言葉で言っても、

「何それ?
スライドの刃付けって?」

という方がいると思います。

その違いを動画にとりました。

始めは普通の刃付けです。
ブラントで切ったとき、毛が逃げずにまっすぐ切れるような刃付けです。

(ちなみにハサミを握っているのは僕です。
なので、未熟な切り方です。
ご容赦ください。
そのへんを計算して見てください。)

その次は、
スライド用です。
毛がすべるのがわかるかと思います。
ちょっと滑り過ぎかも・・・とも思います。

が、
この辺は調整で何とでもなります。

見てみてください。

2+
コメントする

コメント

お気軽にコメントしてください

すべてご入力のうえ送信してください。メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。