職人日記

2スキと3スキのセニング

こんにちは。オオタです。

新天皇になって、いよいよ令和が本番を迎えました!

っていうか、まだまだ平成な気分のオオタです。

平成は僕が高校を卒業する年でしたが、その頃は携帯はありませんでした。

が、一部のバブリーな人がTVで、自動車に電話をつけていた時代です。

その三年後、オオタ少年は生の携帯電話を見ることになります。

さて、

今日はセニングの話。

櫛刃のV溝のところがどうなっているかでカット率は変わります。

この写真、わかるかな?

V溝の先端がVじゃなくて、vVこんな感じです。
(角が3つに、溝が2つ)

これを我々は2スキ(フタスキ)と呼んでいます。

この写真は2スキ、30目です。

1つ目の溝と2つ目の溝が微妙にズレています。

そのためカット率の割にセニングラインが出にくいという特長があります。

今度はコレを見て下さい。

2スキと似ているけど、3スキです。

溝が3つ。角が4つですね。

2スキに比べて、3スキの方が一つのクシで毛を掴む量が多いです。

なので、カット率はupします。

ですよ!

2スキの30目と3スキの30目を比べたら、3スキの方がカット率は多いです。

2スキ30目と3スキ25目をくらべたら、どうでしょう?

はい。

びみょうーーーーです(笑)

実際はちょっと、カット率が多くなるかなあと思っています。

じゃ。オオタさん!どっちがいいの?

どっちでも、いいです。

あまり変わりませんから。

上手な人に研いでもらえば、両方ともよく切れて両方ともヌケがいいですから。

 

0
コメントする

コメント