ハンドルを基準にハサミを選ぶ

理容師さんの使うハンドルって、ほぼ100%オフセットです。

(ほかにメガネがあります)

それなら、

オフセットで決まりだね!選びようがないじゃん!

って・・・そうなんですけど・・・

とはいえ、微妙に違うじゃないかっていう話です。

ざっくり上げると、

1.シンプルなオフセット

シンプルなやつです。

2.ラクダのオフセット。

コブがあって、人差し指と中指の間にコブがくるやつです。

3.さがっているタイプ(ヘネシー型)

持った時ハンドルの中心が下がっているタイプです。

4.シンプルそうで、立体化しているオフセット

5.3Dタイプのオフセット

立体的なハンドルです。

 

では詳しく診ていきましょう。

1.シンプルなオフセット

「写真」

シンプルなやつです。

2.ラクダのオフセット。

「写真」

コブがあって、人差し指と中指の間にコブがくるやつです。

手にしたとき、ストレートではなくてコブがあるのでフィット感がでやすいです。

ですが、意外とそうでもないという声も耳にします。

ない方がいいという方の場合、あるのはわかるけど、気にならないという声もあります。

3.さがっているタイプ(ヘネシー型)

「写真」

持った時ハンドルの中心が下がっているタイプです。

手にしたときに

「写真」

4.シンプルそうで、立体化しているオフセット

5.3Dタイプのオフセット

立体的なハンドルです。

 

0